フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(Eagles)迷走中?

Redskinsとのマンデーナイトの試合は12-20で負け、下馬評では2勝できると思われた2チーム相手に0勝2敗となってしまいました。

この試合でBrian Dawkinsが首の怪我をし、来週の試合には間に合いそうなようですが、来週はパスの多いLionsでDBのデプスの薄い現状は不安だなあと思っていたら、来ました。J.R.Reed復帰のようです

Reedがどうこうというより、先日のMaheといい、この動きはなんだかなあという感じです。Dawkins, Considineの二人とも怪我をしてしまったので、というのがReidのコメントでしたが、それにしても場当たり的ですよね。

試合はMcNabbのパスの正確性がないのが目立ちました。単純なコントロールミスが多く、調子の悪い時のEli Manningのようでした。2QではReggie Brown、4QではKevin Curtisがエンドゾーン近くでフリーになっていたのですがパスを成功させることはできませんでした。Curtisの方は特に超フリーだったんですけどね。パスのコントロールミスも目立ったのですが、それと同様かそれ以上にフリーになっている選手を見逃してしまうことが多かったですね。

McNabbがパスを失敗するたびに大きなブーイングを受けていました。昨年怪我で欠場となるまでは彼がスターターでチームも成績が悪かったですから仕方ないのでしょう。ここ最近スターターで出場した7試合は1勝6敗のようですからね。

しかし、アメリカのHBOで放送されたインタビューで「黒人QBは白人QBよりも批判を受けるもの」と語り物議を醸しています。Peyton Manning, Calson Palmerは同じような失敗をしても自分と同じくらい批判されることはない、とのことです。あー、ついにそんな人種問題を持ち出しちゃったか、という感じです。

このインタビューは収録されたのが8/31なのでまだ開幕していなかった訳で、もし彼が活躍して2勝0敗という事であればそれほど問題でもなかったのでしょう。ただレーティングが68.8とNFLで23位の現状でそのようなコメントが流されてしまうとなんとも負け惜しみのように取られてしまいます。

まだ膝の具合は75%ほど、というのが本人のコメントです。試合でもスクランブルした場面が何度かありましたが、特に左サイドに走って1st downを取ったランなどでは最後足を引きずっていたように見えましたし、なんとも痛々しい感じでした。

コントロールミスが多いのは今にはじまったことではありません。それよりも膝が治れば走れなくともポケットから外に流れるプレーでレシーバーがフリーになって、という流れになれば良いのですが。ただまあすぐに膝が100%になることはないでしょうから、まだまだしばらくはこのまま行きそうです。

McNabbの調子が悪かったのは一目瞭然なのですが、同時にレシーバー陣も全然フリーになれていませんでした。Brown, Curtisの二人で6キャッチ、55ヤードと寂しい数字になっています。この二人、先週のPackers戦でも成績を残せておらず、現在のリーティングレシーバーはJason Avantという状況です。

RedskinsはスターターCBのFred Smootが怪我で欠場していました。それでこの状況ですから厳しいです。L.J.Smithが怪我で大した動きができないようですからそれもパスオフェンスには多大な影響を与えているとは思います。レッドゾーンではL.J.というのがイーグルスのパターンでもあるのですが、それが今ひとつ使えないということで開幕2試合でレッドゾーンには入ってもFGというのがやたら多いですからね。

オフェンスは完全にWestbrook頼み、それも個人技頼みという感じのオフェンスになってしまっていました。プレイコールも単純というか予想できそうなプレーでしたし、相手も怖さは全く感じなかったのではないでしょうか。そのWestbrookは昨日の練習は怪我で休んでいます。来週のプレーには問題なさそうとのことですが、これで彼がつぶれたらしゃれになりません。というよりTony Huntは出ないんですかねえ?Redskinsとの試合ではinactiveでしたが、今ひとつ納得できません。

RedskinsはFred Smootが欠場していましたが、Eaglesは同じくスターターCBのLitoが欠場しており、William Jamesが代わりに出場していました。しかし結果は醜いものになりましたね。常にレシーバーに2歩くらい遅れている感じでJason Campbellのコントロールが良ければ大差になっていた可能性もあります。4Qにもポストパターンでありえないくらいフリーになっていましたが、ここでもCampbellがありえないくらいのオーバスローで助かりました。

DBが心配であればQBにプレッシャーをかけて投げる前に潰したい、と思うのですが、この試合ではそれも出来ませんでした。サックはJuqua Thomasの1サックだけでしたが、これもRBのClinton Portisのピックの失敗という感じで本当に実力で取ったサックとは言いがたいものでした。全体的にプレッシャーもあまりかかっていませんでしたし、迫力のないディフェンスでした。

負ける時はこんなもの、というのはわかっているのですが思い返すと悪いことばかりですね。この試合では現地放送のゲストにCharles Barkleyが来ていました。前半終了の際、後半イーグルスが攻勢をかけるためにはどうしたら良いか、というアナウンサーの問いかけに「ハーフタイムで相手のディフェンスシグナルを分析するよ」と人によっては笑えない(私は笑えましたが)答えをかえしていました。

来週はここまで2勝のLionsです。とはいえ普通に考えれば十分に勝てる相手なのですが今のチーム状況では不安が残ります。これで0勝3敗となればシーズンが終わりかねません。序盤からこのような試練になるとは想像もしていませんでしたが、12月には今の時期の事を忘れているような成績を残していてもらいたいものです。

スポンサーサイト

テーマ:NFL - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/417-8c09da26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。