フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)トレード成立

ドラフト以降あまりニュースのなかった76ersですが、NuggettsとのトレードでReggie Evansを獲得しました。正式には76ersが獲得したのはReggie Evansと今年ドラフトされたRicky Sanchez、そしてデンバーに行くのはSteven Hunter, Bobby Jonesの二人となりました。更にこのドラフトとは関係ありませんが、FAのCalvin Boothとも契約をしています。

Sanchezはプエルトリコのナショナルチームにも選ばれている選手のようですが、今年は海外でプレーすることになり、しばらく76ersの選手としてプレーすることはないでしょうから戦力的にはこのトレードにあまり関係はありません。

一方Reggie Evansは6-8 245lbのPFで昨年は平均17分の出場で4.9得点、7.2リバウンドの成績を残しています。もし48分出場した場合、ということでのリバウンド数は19.6でNBAトップの成績となっています。年齢的にも27歳とキャリアでもピークの年頃かも知れません。

もともとこのオフにはPFというのが最も補強ポイントとして叫ばれていました。ダブルチームをされるような強力なPFが入れば、ということが期待されましたが、ドラフトでは結局SFのYoungを指名しています。

もう一人指名しているJason Smithがプレシーズンの働きを見るとそこそこ頑張ってくれそうな感じではありますが、やはりそこはルーキーですしまだ未知数です。Evansにオフェンス面でダブルチームというのは期待できないかも知れませんがリバウンド、ディフェンス面での貢献はかなりなものになるでしょう。Evansがリバウンドをばかばか取ってくれればその分Dalembertもより積極的にブロックに動けるというのも魅力かも知れません。でもそれで積極的になりすぎてファウルがかさむ、というのは避けて欲しいですが。いずれにしてもこのトレードで懸念だったPFのスターター(候補)が獲得できて良かったのではないでしょうか。

更にFAで獲得のBoothですが、昨年8.6分の出場で1.6得点、1.8Rと大した成績は残していません。もう9年目のベテランですし今年はさらに出場時間は減るかも知れません。逆に増えるようならその分シクサーズのデプスが問題だということでしょう。

Hunterは一昨年もトレードに出され、フィジカルをパスできずに戻って来たことがありました。いくらなんでも今回も戻って来ることはないでしょうが、デンバーで活躍してくれることを願っています。Dalembertとのツインタワーは期待しましたが、んー、結果的には期待したほどのインパクトはありませんでした。ブロックの能力はあるのですが、それ以外のスキルが低すぎでしょうか。あの身長のわりには身体能力が高いですが、その分身体能力に頼り過ぎているのかも知れませんね。

Bobby Jonesはそのディフェンス力に期待されたのですが、いかんせん彼のポジションはシクサーズでは層が厚いために、試合に出ることもままなりませんでした。デンバーでも同じようにロスターに入れるかどうか微妙な所でしょう。このオフには3ポイントの練習を重ねていたようです。彼も今がNBAに残れるかどうかの瀬戸際ですし、試練の時ですね。SpursのBruce Bowenのような選手になれれば良いのですが。

PFはどうなるのかと思っていましたがこれで一応の目処はつきました。ただロスターを見渡すと彼のバックアップも含めローテーションどうするのだろうと思ってしまいます。来月からキャンプ開始ですがそこで見極める事になりそうです。若い選手が多いですし、なかなか熾烈な争いのキャンプになるかも知れません。

スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/415-542846c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。