フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(Eagles)今年のディフェンスはいかに

やっとNFLも開幕しました。ペイトリオッツは今年も強そうですね。結果しか見てないのでなんともわかりませんが。

イーグルスのディフェンスですが、基本的にはほぼ昨年のメンバーと同様ということになります。異なるのはDE,DT,WLBのスターターが変わることくらいでしょうか。WLBはKeith Adamsがスターターになりますが、昨年途中からこの形ですので厳密にはここも昨年終盤とは同じです。

DEに関してはBurgessがいなくなり、その分Kaluが怪我から復帰しました。昨年のキャンプ開始時ではKaluがスターターでしたので、どの程度怪我が回復しているかはポイントではありますが、本来の姿に戻ったと言えるのでしょう。Kearseは昨年がイーグルスとしての1年目でしたが、2年目の今年は「戦術も理解できたし、最低でも12サック以上が目標」と語っています。昨シーズンは記録には残らずとも存在感は示してくれましたが、今年は数字でも大きなものを残して欲しい所です。

その他のDEではMcDougleが銃撃に会い、6週目以降でないと復帰できず、バックアップは試合経験のない2人ということになるのでOL同様バックアップの能力がどの程度なのかは未知数です。ちなみにTom HeckertはOLのバックアップの若さについて「能力ある選手達なので全く気にしていない。他のチームでバックアップにベテランがいるチームもあるが、そのベテランを起用することに抵抗を感じるチームも沢山ある」と語っています。きっとこのコメントはDEにもそのまま当てはまる訳でしょうが、実際にプレイをあまり見ていないだけにファンとしては不安が残ります。それにしてもスピードのある選手達を揃えたDE陣となっています。ランディフェンスではどうなるでしょうか。

DTはCorey Siomonがチームを去り、Mike Pattersonが新加入となりました。プレシーズンではPattersonはサックも決めるなど、ドラフト1巡目のルーキーとして一応期待に応えていると言えるでしょう。Simonの不在でスターターとなったHollis ThomasもDarwin Walkerが頭角を示すまではスターターだった訳で、ランディフェンスに対しては信頼充分です。バックアップも昨年良い動きをしていたRayburn,ベテランのGrasmanisがおり、実績も充分でしょう。DTは今年も良い戦力だと思います。

その他のポジションに関してはLB,DBともに安心して見ていられると思います。個人的にはニッケルでのSimoneauの動きに注目したいです。注目というより心配という言葉の方が適切かも知れませんが。

DBは昨年不安視されていたCBの2人が昨年充分な活躍を見せたことで経験、自信共に掴むことができたと思います。Safetyのコンビはリーグ最強だと思いますし、今年もDBの4人のうちプロボウルに何人行くのか楽しみです。

こう書いていくと、ディフェンス面ではあまり心配要素がないような気がしてきました。なんてお気楽な、と自分でも思ってしまうのですが、それでもオフェンスよりも心配要素が少ないことは確かだと思います。唯一あるとすれば、もしKearseが怪我したら、というあたりでしょうか。でも「もし○○が怪我したら」なんて言ったらきりがありませんね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/38-88e178f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。