フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)Dalembertがカナダチームに?

Dalembertが今年8月に行われるオリンピックの予選でカナダのナショナルチームに入れるよういろいろと画策しているようです。もともとハイチに生まれ、祖母のもとで育てられましたが、13歳の時に両親が済むモントリオールに引っ越して来ました。15歳と時にはバスケットボールの才能を認められてニュージャージーに来ているのでカナダにいたのはだいたい2年くらいになります。

カナダのナショナルチームに入るには市民権を獲得することが必要ですが、それには過去4年の間に3年間カナダに住んでいたことを証明する必要があるようです。当然彼はその要件を満たしていないわけですが、例外もあるようで、カナダに住んでいなかった理由を詳細に調べるのだとか。プロでバスケット選手になればカナダには住めないのは当然ということで市民権が認められる可能性もあるそうです。なんだかずいぶん甘い感じがしますけど。。。

本人としては期間としては短い期間でも大切な2年だったんでしょう。住んでいたエリアも裕福な地区とは言えず、治安も悪かったようですが、なんとか自分を育ててくれた第二の故郷に恩返ししたいという思いが強いようです。魂はカナダにあるとも言えるのでしょうが、最近でもカナダでビジネスを展開する予定もあるのだとか。それも昔の友人や近所の人達に雇用を創出するため、なんて言っています。意外と?は失礼ですがサムも結構いい奴かも知れませんね。でもそんな考えでビジネスは大丈夫だろうかと思ってしまいますが。ただ、チャリティー関係には良く顔を出していますし、基本的にそのような事には熱心な選手なんでしょう。

カナダのナショナルチームと言えばなんと言ってもSteve Nashです(Jamaal Magloireもいますが)。昨年はIversonからMillerにPGが変わったシクサーズですが、サムも以前に比べて責任が重くなったことでなんとなく目が覚めたような所があるように思います。ある意味やっとキャリアがスタートした、といっても過言ではないかも知れない訳で、その意味でも来年どう飛躍してくれるのか非常に重要です。

8月に大会があるので休みがなくなる、怪我が怖い、などという考えもあるでしょうが、それよりもSteve Nashとプレーできる事のメリットの方が大きいでしょう。Nashのパス取れるんですかね?Dalembertのオフェンスのパターンと言えばベースラインからのミドルシュートか、オフェンスリバウンドからのレイアップというイメージしかありません。カナダチームで流れの中で点を取れるような動きが少しでも出来るようになれば良いと思っています。勿論短期間でそんなことをマスターするのは無理でしょうが、Nashと組む事でほんの少しでも感じ取れれば良いと思います。

でもNashは今年の夏の大会には出場するんでしょうかね?
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

タイトル見て一瞬ラプターズにトレードかよ!?と思ってしまいました(笑)カナダ代表って事ですね・・・。
しかしこの時期にバスケットができるというのは彼にとって貴重な経験になりそうです。怪我だけに注意して欲しいですね。

ナッシュはどうでしょうか。このプレイオフも相当ショックだったでしょうから、代表はあきらめてレギュラーシーズンのみに照準を合わせてくるかもしれませんね。

  • 2007/05/30(水) 15:01:17 |
  • URL |
  • たく #-
  • [ 編集 ]

ナショナルチームの試合とはいえ予選ですからねえ。ナッシュは出場しないかも知れませんね。逆に言えば予選なのに出たいというサムの心意気を評価すべきなんでしょうか。それとも余りにも休みが長くて退屈なのかも・・・。

  • 2007/05/30(水) 19:09:38 |
  • URL |
  • yogi #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/379-d1979002
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。