フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(Eagles)Harbaughの人事

週末はルーキー、2年目の選手を中心としたミニキャンプが行われていました。今は一旦中断となっていますが、また数日後から練習再開となります。

ミニキャンプの前後ではドラフト3巡目のTony Hunt, Stewart Bradley, 5巡目のC.J.Gaddisの3人が契約を締結しています。今年は1巡指名からトレードダウンした関係で最高でもKolbの2巡指名が最高です。契約でもめてキャンプをホールドアウトというのも通常1巡の上の方での話ですから今年はその恐れもないかも知れません。万が一Kolbがホールドアウトみたいな事になったとしてもどちらにしても今年の出場は普通に考えてない選手ですからホールドアウトになったとしてもチームには大した影響はないでしょう。

ところで今年からDBコーチとなったJohn Harbaughについての記事が地元紙に掲載されていました。9年間イーグルスでスペシャルチームのコーディネーターとして内外から評価が高かった彼ですが、その地位を捨てて新しいキャリアに進んだのは彼の意思だったようですね。

このオフにはCincinnati、Boston Collegeという2つの大学のヘッドコーチの職のインタビューを受け、更にStanfordのDCとしてもインタビューをしたようです。コーチとしてキャリアを積んでいる以上、いつかはヘッドコーチになりたい、というのが自然な流れですが、Harbaughもその一人です。これらの3つの大学の中では特にBoston Collegeがもろもろな条件などを考えると最も魅力的だったようで、Andy ReidもBoston Collegeが一番良いんじゃないかと助言なんかもしていたようです。

ただ、助言と言ってもReidが信頼するコーチに転職を薦めていた訳ではないようで、ある意味流出を防ぐ為に今のDBコーチのポジションのオファーを出した様です。同じコーチとしてHarbaughがHCになりたいというのは当然Reidも理解できる所でしょう。そのHarbaughが3つの大学からのオファーについて検討している時に、なんとかイーグルスに留まってもらいたい、という想いから出たオファーがSteve SpagnuoloがGiantsのディフェンスのコーディネーターとして赴任した事で空席が出たDBコーチとしての職でした。Harbaugh自身がDBだったということもあってDBコーチというのも丁度タイミングが良かったのかも知れません。ただそれよりもHarbaughという人間を高く買っているんでしょうね。

Harbaughの人事はなんでだろうと不思議だったのですが、この記事でやっと納得が出来ました。もしかしたら私が知らなかっただけでこの人事の意味はもうとっくに周知の事実だったのかも知れませんけどね。

今年はドラフトで5巡のGaddis、更には大学でフットボールの経験がわずか1年しかないRashad Barksdaleという選手を獲得しています。DBは思いっきりデプスが薄くなったポジションですし、若い選手を育成するという大事なミッションも残っています。まだHarbaughのDBコーチとしての評判はよくわかりませんが、スペシャルチームで素晴らしいコーチとして評価されていた訳ですから、ポジションが変わっても素晴らしい選手を育成し、戦術面でもしっかりした所を見せて欲しいものです。


スポンサーサイト

テーマ:NFL - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/378-d54d6ad1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。