フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)06年シーズンレビュー Joe Smith

さて、いよいよドラフトロタリーの指名順位を決める抽選も目前に迫って来ました。と、その前に残りの選手のレビューを書いておきます。今日はJoe Smithです。

20070522204418.gif


Joe Smithはこれが2度目のシクサーズのユニフォームとなりました。1度目は97-98年のシーズンでした。その時は幼少の頃に地元でよく一緒にプレーをしていてSmithの力をわかっているIversonがフロントに頼み込んでSmithを獲得したようないきさつでした。しかし、今回はそのIversonと引き換えでのトレードになったのですから人生皮肉なものですね。

97-98年シーズンでは30試合に登場して10.3得点、4.4リバウンドでした。平均プレイタイムは23.3分ですから今年のシクサーズでのタイムとほぼ同じくらいです。その時の数字と比べればリバウンドが平均で2つほど伸びているほかは同じような数字を残しています。

しかし、数字は前回在籍時と大きく変わらなくとも、貢献度で言えば今年の方が数段高いものでした。首脳陣の評価も非常に高く、Cheeksも「誰もSmithのここまで活躍を予想していなかった。彼はディフェンスも良いし、リバウンドも取れるし、ジャンプシュートも確率高いし、フリースローもよく入るし」とほとんどベタ褒めという感じです。

デンバーに在籍していた今年の序盤からはプレイタイムもほぼ倍になり、4Qの終盤でも出場するなど、責任も増した事で彼も若返ったようなプレイを見せてくれました。シーズン終盤にはダブルダブルを記録することも多く、最後の2試合では2得点、11R、17得点、13Rと大活躍してくれました。4月の平均の数字は14.5得点、9Rで平均30.1分のプレイタイムと堂々たる成績を記録しています。

もともとトレードで獲得した時には彼の価値は「今年で契約が終了する選手」というのが最も評価(?)されたポイントでした。今年のサラリーが6.8ミリオンですからたしかに結構な価値になります。

当初は再契約はありえない、という事前評価だったと思いますが、ここまで渋い活躍を見せてくれれば、若いチームには貴重なベテラン選手と言えるかも知れません。ベテラン選手らしく起用法に文句を言ったりするような事もないですし、金額さえ手頃であれば再契約というのもありかと思います。

もとはドラフト全体での1番指名という大きな期待を持たれていた選手ではありますが、彼もこれで出戻りも含め8回チームを変わっています。「いい加減落ち着きたい」とも語っており、彼自身も再契約はウェルカムのようです。ただ問題は金額です。これだけ高い評価を得る活躍したのですからベテランミニマムという訳にはいかないでしょうし、判断が難しい所です。ただ、金じゃない、として契約するならシクサーズではなくてチャンピオンシップを狙えるチームでの話になるでしょう。

単純にベテラン選手を、という事でAlan Hendersonのようなほとんど出場もしないような選手と契約するのであれば多少金額を支払ってでもSmithと契約を結んだ方がよっぽど価値があると思われます。
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/375-2bfa7963
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。