フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)06-07年シーズンレビュー Willie Green

さて、今日はKyle Korverに続いて同期入団のWillie Greenです。

Green.gif


昨年は契約延長数日前のピックアップゲームで右膝を手術するはめになり、わずか10試合の出場に留まりました。最終的には契約延長をすることとなり、昨年は2.8ミリオンというサラリーでプレーすることとなりました。

彼の特徴はなんといってもそのオフェンス力にあります。昔はIversonが欠場する時にスターターで出てきてシュート20本打って28得点、Iversonが戻ってくればプレイタイムは5分、というような日々が続いていました。

しかし、昨年はシーズン序盤からプレイタイムを貰い、10月から12月のIverson, Webberの二人がいる時期でも20分くらいの時間を貰っていました。シーズン後半にかけてはスターターに昇格し、おかげで昨シーズンは24.9分のキャリアハイとなりました。同時に得点も初の二桁になっていますね。

そんな彼は悪い意味でもIversonのプレイスタイルに似ている所がある、と言われ、ボールを持ち過ぎ、シュートを打ち過ぎ、とよく言われます。たしかにその傾向は顕著に現れており、ボールを良く持っていると気分も乗って来るのか調子は良いのですが、ボールがなかなか回って来ないと活躍できないような試合が多いのも事実です。

下の表はスターターの時とベンチスタートの時の表ですが、得点が半分なのは単純に時間がベンチスタータでは少ないので問題ありませんが、その他FG%, 3pt FG%, FT%などシュート確率ががた落ちになっています。FG37%ではちょっとつらいですね。スリーも25%だったら打つなよ、という感じですし、FT60%はお前はセンターか、と言いたくなります。

Green4.gif


ベンチとスターターで出場した場合でこれほど変わるというのも不思議な話です。戦術的になにか特別変わる所はないでしょうから単に彼の精神的な事なんでしょうか。ベンチスタートだと気分が乗らない、ボールが回って来ないと気分が乗らない、というのはわからないでもないのですが、さっさと自分の役割を自覚する必要があります。小さな大学でスター選手だったので日の当たらない役割に慣れていないのかも知れませんが、もう次が5年目のベテランなんですからね。

シーズン後Cheeksのインタビューでは「Greenはもっとドライブを増やす必要がある。ドライブの技術はかなり高いんだから。」と語っていたのを覚えています。彼のもう一つの批判される事としてやたらシュートが早いという事があります。他の選手がまだ十分にポジションについていないのにシュートを打ち、外したリバウンドを取られて速攻される、というパターンです。Chemistry Killerなんて地元のファンからは批判されたりもしていました。Cheeksのドライブを増やすべき、というのもこのような事が頭にあったものと思われます。

今シーズンは膝の怪我から復帰して2年目でしたが、復帰したのは昨シーズンの終盤でしたので実質今季が復帰の年のような感じでした。そういった意味では体調もまだまだ万全ではなかったでしょうし、来年更に飛躍してくれる事を願っています。

ただ、ガードではIguodala, Millerがスターターで、控えでWilliamsがいます。Williamsはシーズン終盤にSGでプレーしていた事もあり、活躍してくれていました。まだ若く、将来性もあることから彼はまだ数年大事にされる事でしょう。今年のドラフト指名権もありますし、彼もうかうかしていられません。

トレードで良い話が来た場合にはGreenは真っ先に放出要員というのがもっぱらの噂になっています。サラリーもそこそこでオフェンスの爆発力はある選手ですからそこそこ魅力はあるでしょう。

かくいう私はといえば、やっぱりあのプレイスタイルがあまり好きになれません。人格は良い人で自分勝手な人ではないと思うのですが、例えばもう少しディフェンスで頑張るとか、スコアラー以外の部分にも目を向けて欲しいと思います。ディフェンスも時々頑張ってすごくぴったり厳しいマークをしたりする時もあるのですが、長続きしないんですよね。また、そういうマークがいつもではないので、すぐにファウルを取られてしまいますし。ということで条件によってですが、トレードでもありかも、と思っています。

トレードがなく、来季もシクサーズに在籍するとすれば、膝の怪我から本格的に復帰して、ボディコンタクトも怖くなくなって、どんどんゴール下にドライブするプレーが増え、得点が増えることで気分も乗ってディフェンスも良くなる、みたいな事がベストのシナリオでしょうか。あるのかなあ。



スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/374-7ef7d725
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。