フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)連続記録ストップ

ボコボコにやられた連敗から今日のBobcats戦は負けられない大事な試合でした。結果は106-97で勝利し連敗をストップしました。

1Qと2Qで69点を上げる素晴らしい前半となりました。連敗中はリバウンドで大差をつけられていたほか、アシストもほとんどなかったオフェンスを展開していました。しかし、この日は特に前半だけで17のアシストを記録しています。ちなみに連敗の2試合でのアシストの合計値がわずか20ですから全く異なるオフェンスが展開できたということでしょう。そのせいもあってか1QではなんとFG81%(17/21)というFTのような確率でした。

そのようなFG%のおかげもあって1Qには37点という大量得点をあげて試合の主導権を握りましたが、後半に入ると失速し、3、4Qあわせて37点という展開になりました。Bobcatsがスモールラインアップで来たために、Hunter, Dalembertをあまり出場させることもできず、じりじりと追い上げられてしまいました。後半ではターンオーバーも多かったようですし、前半の貯金がなければやられていた所でした。

スモールラインアップに対抗するためにシクサーズはMiller, Green, Ollieの3ガードで対抗し、4Qではずっとこの布陣で戦いました。Ollieは14分出場し、5得点、3リバウンド、2アシストという働きでしたが、数字以上に彼の働きは良かったらしく、KorverやCheeksからもOllieのプレーが素晴らしかった、と賞賛されています。本人はいつもどうりにプレーしただけ、と控えめに語っていますが最近ではLouis Williamsに2番手のPGの座も奪われつつあり、心中穏やかではないでしょう。厳密には2番手の座を奪われたというよりもWilliamsの育成目的で使われているだけだと思いますが、現状のチーム成績では仕方がないでしょう。

BobocatsのOkaforが欠場したのが痛かったかリバウンドで43-28という数字になっていますね。連勝していた時はリバウンドもコンスタントに勝てていたので今後も続くと良いのですが。。。

連敗が止まったのと同時にIguodalaの出場という連続記録も途切れてしまいました。ここまで232試合という現役では3番目に長い連続出場記録を続けていましたが、ここ最近痛みの増して来た腰痛には勝てずとうとう欠場となりました。明日のHeat戦の出場は試合前の調子を見て決めるそうですが今無理しても意味ないですから大事にしてもらいたいものです。

Jim O'brienの時にドラフトで入って来たIguodalaですがキャンプの時から頭角を現し、結果的にGlenn Robinsonからポジションを奪う事になり、それに不服だったRobinsonが退団するということになりました。Iverson, Webberがいた時の脇役からこれからはチームの主力として働いてもらわなければいけません。リーグを代表するような選手、までにはなれないかも知れませんが、これからもオールラウンダーとして順調に成長していって欲しいものです。
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/349-fe9f72de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。