フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)対Suns戦 まさかの勝利

今日のSunsとの試合は99-94で勝利という、全く予想していなかった結果となりました。SunsはMarion, Diawという2人が怪我のために欠場となりましたが、それにしてもこの結果には驚きました。

今日の試合はSunsの「異なるカンファレンスのロードでの無敗記録」がかかった試合だったのですが、最後の最後でよりによって76ersという普通に考えれば勝てる相手に負ける結果となりました。結局東カンファレンスとのロードでの試合は14勝1敗ということになりました。ちなみにこの前の記録は11勝1敗で1982-83年のシクサーズが記録しており、この時のPGはほかでもない、Maurice Cheeksだったようです。

今日の試合ではシクサーズもRodney Carneyが肩の故障で欠場となり、Willie Greenが代わりにスターターとしてプレーしていました。Carneyは今日MRI検査などで状況を調べるようですが、いつどこで痛めたのかよくわからないそうです。ただし、パスをする時やシュートする際には常に痛みを感じているようで、ちょっと心配です。

試合では代わりに入ったWillie Greenが前半、特に1Qで爆発してくれました。試合全体では20得点をあげていますが、うち16点を1Qだけで稼いでくれました。彼の爆発とSunsの序盤でのつまづきが絡んで1Qで35-23と実に12点差をつける事ができました。このような序盤の流れが結局そのまま続いて一度もリードを奪われる事なく試合終了となりました。

GreenはCarneyがスターターとなってからはベンチスタートだったのですが、なかなかベンチスタートだとエンジンがかからないというか上手く活躍できないようですね。もともと割とボールを持たせてあげないと活躍できないタイプだと思うのですが、そこまでの能力を持っている選手でもないので、早くベンチから少ない時間でも活躍できるようなタイプになって欲しいのですけどね。今日はスターターということで割と本人としてもやりやすかったのでしょう。本当はもう少しシュートを打たなくても味を出してくれる選手にならなければこの先の選手生命は苦しいと思うんですけどね。

先日はKings相手に二桁差をつけてリバウンドを制して勝利しましたが、この試合でも50-37とリバウンドを取りまくってくれました。これには1QでSunsのシュートがほとんど入らなかったために取るべきディフェンスリバウンドが沢山あったということも関係しているのですが、それにしても良くできた数字と言えるでしょう。オフェンスリバウンドも16本取っており、やればできるじゃん、というかんじでしょうか。

いつ追いつかれて逆転されるのかと思っていたのですが、じりじり追いつかれてはまた突き放すという展開で、スリーを入れられればスリーを入れ返す、というような流れになっていました。Sunsとしてはがっくり来る展開でしょう。スリーはSunsは実に26本打っていますが、成功は10本と38.5%でまあ守る方としては及第点という所でしょうか。

ただMarionがいなかったというのはシクサーズにとっては大きな助けになった事でしょう。MarionがいなくてCarneyもいない、となるといきなりマッチアップで苦しくなりますからね。

残り時間も1分を切ってSunsの選手達がファウルゲームを仕掛けてくるのを見るというのはなんとも言えない思いでした。この先近い将来見れるかどうか。ちなみに見れるかどうかで言えば今日のKorverは4本決めていますが、うち2本がダンクでした。本人曰く、今シーズン序盤にダンクをした試合が1回あったけど、2回ダンクを試合したことはないらしく、カレッジではダンクをした試合の記憶がないそうです。それだけ今日の試合はいろいろな意味で珍しいという事なんでしょう。

Sunsのイースタンカンファレンスでのロード無敗記録が達成できなかった、という点ですが、今日の試合会場には同じく1敗で終わった82年のシクサーズのメンバーがいろいろと揃っていたようで、もちろんCheeksをはじめ、アシスタントコーチのMoses Malone(C), SunsのアシスタントコーチのMarc Iavaroni(PF), さらにはJulius Erving(SF)まで観客として揃っていたようでその時の記録が破られない何かの力が働いたんでしょうか!?

ただ今日の勝利に驚いているのはチームの外にいる人間だけなのかも知れません。Iguodala曰く、「自分達は今日の勝利に驚いてはいない。自分達だけは今日の試合に勝てると信じていたし、今年の残りの試合も全部そう思っている」ということだそうです。彼のこのコメントの通りシーズンが進めば良いのですが。

スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/336-a712b8de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。