フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)対Kings戦 今日はディフェンス

ここ2試合Bobcats, Bucksとの試合では100点以上の失点で敗れ、最悪の雰囲気だったのですが、今日のKings戦では何故か(?)82点に抑えて勝利しました。1Qでは失点こそ27点と異様に多い訳ではありませんが、FG%は67%という数字でどうなることかと思っていました。

しかし、2Q以降は20点未満に抑えることができました。特に後半ではFG%も30%を下回る数字に抑えていました。更にはスティールが12あり、ターンオーバーも多く誘発した事が前半なんとか食らいついていた原因でしょう。

また、リバウンドでは55-40という大差をつけて勝ち取っています。相手に二桁のリバウンド数の差をつけるのは今シーズンで2度目だとか。Dalembertは17リバウンドでうちオフェンスリバウンドが8個もぎ取っています。得点も20得点でまさに期待どおりか期待以上の活躍を見せてくれました。

そのDalembertはドリブルで切り込んで来る相手に対してチームメイトはよく抜かれずに前についていた、とガード陣などのディフェンスを褒めており、それがDalembertがファウルトラブルにならなかった一因だとコメントしています。

昨日はBucksに良いようにスリーを決められていましたが、外側を守るディフェンダーも頑張ってくれたのでしょうか。今日のスリーポイントは4/18となっており、特にMike Bibbyは1/7、FG全体では3/14という数字になっています。Jason Kiddの調子の悪い日のようですね。

連敗をしてチーム状態が悪かった中で勝てた事でなんとか助かりました。Kingsは昨日も試合をしていて、この5日間で4試合という厳しいロードの中でしたからシクサーズとすれば半ば勝たなければいけない試合だったかも知れません。


先日JazzとAlan Hendersonを含めたトレードがありましたが、このトレードの詳細が明らかになりました。なんとトレードデッドラインの前日にリーグから連絡があり、シクサーズが多少のキャップオーバーだと告げられたようです。なんでもリーグ側が計算間違いをしていたのだとか。(正確にはサラリーキャップという言葉は正しくありませんが)

それでオーバーした分の贅沢税が必要になるということでベテランミニマムのサラリーだった彼をトレードしたということのようです。NBAのリーグ側がそんな間違いをするという事自体が信じられないのですが、どうやらそれが真相のようです。しかもそんな間違いをしていたということが全く問題になっていない所もなんとも不思議です。

シクサーズとしては諸々のトレードをした後には贅沢税を払わなくても良いギリギリの線だと理解していたよう。それを今になってやっぱりオーバーでしたと言われても納得しろという方が難しい気がするのですが。

ちなみにシクサーズが受け取るものはやはり今年のドラフト2巡指名権を交換できる権利だそうです。当然シクサーズの2巡(もともとはKnicksのもの)の方が指名順位が高いので交換する権利はあっても行使はしないでしょう。トレードを成立させる条件としてお互いが何かを放出しなければならない、ということのようですので形式的にこのような形をとったのでしょう。

それにしてもNBAのサラリーを計算する財務担当(?)の人の間違いのお陰でトレードされてしまったAlan Hendersonとしてはたまったものではありません。しかもJazzとしてはもともとHendersonは獲得してもすぐにカットする予定とされていました。まだどうなるかわからないようですが、Hendersonももうベテランですし、このまま引退なんて事にもなりかねません。計算違いが引き起こした引退劇なんてシャレになりませんね。
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/334-2681a35e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。