フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)対Celtics戦 9連敗

既に丸一日経過しているので賞味期限切れですが、昨日のCeltics戦について書いてみます。

しばらくこちらを更新しない間にも76ersの連敗は止まるどころか、どんどん増え、先日はBlazers戦で終了2秒前にZach Randolphにレイアップを決められての敗戦で8連敗。さらに昨日の試合では81-101でついに9連敗となりました。

ちなみにBlazers戦で8連敗になりましたが、この連敗記録はIversonがルーキー時代だった年以来のこととなっています。これもなにかの因縁でしょうか。

Iversonを欠いたチームはこの試合81得点、その前が79得点、さらにその前のMagic戦が84得点とそれぞれ今季2番目、1番目、3番目に低い得点となっています。Celtics, Blazers, Magicとの試合でこの得点ですから週末のSpurs戦にはいったい何点取ることができるのか、恐ろしい限りです。

さてそのCeltics戦ですが、前半終了時点では41-43としっかりと試合になっていました。しかし3QにPaul Pierceが爆発して12得点をあげると、今のシクサーズにはそのような爆発力を望むことは不可能で、そのままずるずると離されてあきらめムードになってしまいました。

Iversonという爆発力のある選手を失った今、オフェンスでそのような爆発力を持つ選手はいないのが現状です。この試合では5人が二桁得点となっていますが、最高得点はKevin Ollieの14点というお寒い状況です。

Blazers戦ではIguodalaが27得点とキャリアハイタイの得点を稼いでいましたが、コンスタントにそのような得点をあげる程には至っていません。Webberが若ければと思うのですが彼も11得点、11リバウンドと得点では平凡な記録に終わっています。

爆発力という意味では恐らくKorverのシュートが調子が良い時というのは手がつけられない状態になることはあるでしょう。ただしそのような状態になるのは年にそうある事でもないのが現状です。彼のオフェンスはもっぱらアウトサイドですから、Iversonのようにインサイド、アウトサイドとあらゆる状況から得点を狙えるのとは次元が違います。実際Celtics戦でのFGは3/14でした。まあこれはちょっと悪すぎですけどね。

Iversonが抜けた事ですっかりチーム戦術というのもアジャストせざるを得なくなりました。シーズン途中でこのような状況になるというのはチームにとって大きな痛手です。最近はWebberを経由したオフェンスが多くなり、彼のアシスト数も増えています。なんでもKings時代に使っていたプレーを今使っているとか。まあそのプレーもほんの少し使っただけ、という事だとは思いますが、なんだかPhil Jackson、Michael Jordanが抜けた翌年のブルズがトライアングルオフェンスをしていたように、ただの物真似じゃん、みたいな状況にだけはなって欲しくないですね。

そのWebberはCeltics戦では4/17で11得点でした。Blazers戦では2/9で9得点でIversonが抜けた当初は得点も伸ばしていましたが、ここ2試合ではすっかり今まで通りに戻ってしまっています。Iverson、Webberが2枚看板でしが、Iversonが抜けても既に看板とは言えない働きしか無理なのかも知れません。

Iversonが抜けて他の選手の数字がアップすると思われたのですが、それもここまでは大きな動きは見られません。ただ、Celtics戦ではLouis Williamsがプレータイムをもらい、21分の出場で9得点をあげています。

彼こそIversonの抜けた恩恵を受けると思うので頑張って欲しい選手です。もともと得点能力は素晴らしいものがあり、それはサマーリーグでも証明済みなのですが、問題はPGとしての能力としてはまだまだということです。もともと高校時代はPGではなかった訳で、いまだ勉強中ではありますが、それにしてもTOの数が多すぎです。

実際にテレビで彼のプレーを見たことはほとんどないのですが、ここが改善されなければコーチ陣の信頼を得る事はなかなか難しいでしょう。ただ現状では彼を我慢してでも使わざるを得ないというのが本当の所でしょうが。それでもこのチーム成績では彼を使って経験を積ませる事も将来的には大きなプラスとして返ってくることでしょう。

この9連敗で5勝16敗となり、Grizzliesに次いでNBAの下から2番目の成績になってしまいました。シーズン開幕当初はプレイオフ進出を期待半分信じていたのですが・・・。開幕3連勝のあとは実に2勝16敗という記録的な数字になっています。この記録はいったいどこまで伸びるのか。

逆にめっぼう伸びなくなったのが観客動員です。Blazers戦では観客が約1万1千とキャパシティ2万強の約半分しか埋まっておらず、すっかりプレシーズンゲームのような状態でした。当然と言えば当然かも知れませんが、ガラガラの会場でさらにその観客にブーイングの嵐を浴びせられる選手達は大変でしょうが、なんとか腐らずやって欲しいと思います。


スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/292-f6951d83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。