フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(Eagles)対Redskins戦 辛勝

6勝6敗とあとがないイーグルスはRedskinsと対戦し、21-19でかろうじて勝利しました。これで7勝6敗で早いものであと残り3試合です。

どうにもランディフェンスが止まらないのはこの日も同じでBettsに171ヤードというキャリアハイのヤードを獲得されましたが、INT2つを奪いなんとか勝利しました。それにしてもBettsのラン33回のアテンプトというのもすごいですね。

この試合前半はMichael LewisのINT TDなどもあり、21得点をあげますが、後半はオフェンスはさっぱり出ず、じりじりと押されて非常に嫌な展開でした。最後の攻撃権を得た時は2点リードで残り4分58秒と普通に考えればもう一回相手に攻撃権を与えるような時間が残っていましたが、ここでなんと全部の時間を使い果たすオフェンスを展開して無事勝利しました。

それにしても最後のドライブの残り約3分30秒でサードダウン1で選択したのはThomas Tapehへのパスだったんですね。Buckhalterへのハンドオフフェイクから右にロールアウトしてのパスだったようで、結構このプレーは昔からよく多用してますね。サードダウン1ヤードでパスとはAndy Reidらしいですが、これが失敗に終わっていたら相当バッシングされていたんでしょうね。まあたらればを言い始めたらきりがないですが。

それにしてもこの試合数字だけ見れば圧倒されています。プレー数で45-70、トータルヤードで263-415、Time of Possesionでは22:14対37:46となっています。よくこれで19点に抑えたと言って良いのかも知れません。

今日のLewisのINTはCBのWilliam Jamesがティップしてボールをキャッチした訳ですが、シーズン当初からニッケルバックだったRod Hoodはこの試合Inactiveになっているのですね。先週は出場していたと思うのでたしかこれで2試合目でしょうか。Sheppardが怪我で欠場していた時はスターターでもあったHoodですがなんとも勿体無いというか違和感を感じずにはいられません。

ディフェンスは今日はビックプレーに助けられた感がありますが、やはりランは止まらない、QBへのプレッシャーはイマイチということで次への不安は拭えません。今日はDawkins, Juqua Thomasがサックを記録していますが、Dawkinsの時はブリッツ入れまくりでサックかロングゲインか、という感じのプレーでした。DLからのプレッシャーということではほとんどかかっていないのが現状のようです。DLはKearseの怪我を契機に一気に変わってしまいました。

オフェンスはGarciaが今日も渋い働きでレーティング100以上の効果的な働きをしてくれました。爆発力という魅力はイーグルスオフェンスから消えてしまいましたが、ロングパス連発を失敗し続けて攻守交代という淡白な時から比べれば今の方がまだ良いでしょう。

さてこれで残りがGiants, Falcons, Cowboysという3試合になりました。アウェイということもあり厳しい戦いが続くことになるでしょう。もうかなり後がない戦いです。数少ない残り試合をなんとか勝利で飾って欲しいものです。
スポンサーサイト

テーマ:NFL - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/291-fb520ab1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。