フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)対Bulls戦 やはりスター選手は違う

今日からIversonが復帰しました。親知らずが化膿したとかで結構大げさな手術というのか、治療をしたようですが、ここ5日間全くプレーしていない状況でしたが、そんな中で今年一番の活躍をして会心の勝利となりました。

123-108というスコアで123点は今季最多の得点となりました。そのIversonはなんと46得点、10アシスト、FGも15/30というまさに怪物とも言える活躍ぶりでした。

前回テレビ放送のあった時、Bucksとの試合では敗れてしまったものの、内容としては悪くなく、Iguodalaがトリプルダブルを記録したり、Green、Randolphなども活躍していました。

しかし今日のIversonの活躍を見せられると、スーパースターと言われる人というのはこういうありえない事ができるからスーパーなんだなあと思い知らされるような活躍ぶりでした。Iguodalaは素晴らしい選手ですが、きっといくら頑張ってもこのようなシステムを超える、というか、誰もが想像も出来ない様なプレーが出来る選手までにはなかなかなれないでしょう。

思えば開幕3連勝していた時というのはIversonは大活躍でPlayer of the weekに選ばれたりしていました。その後連敗が続いた時というのはIversonは得点こそそこそこ取っていたものの、FG%は著しく悪く、歯の影響もあったのでしょう、思う様な活躍ができませんでした。

まだまだ痛みはあるようですし、体調は万全ではないようですので安心はできませんが、チームの連敗も止めてくれましたし、なんとか本調子に戻ってもらいたいものです。

Iverson、Webber, Hunterの3人がいない間に活躍をしているIguodala, Green, Randolphですが、Iguodala, Greenは今日の試合でもそれぞれ19得点7リバウンド、Greenが20得点でFG8/12と良い働きをしています。

Iguodalaはシュートも14本とIversonの次に多く打っています。スター選手がいなくなった状態の中で少しでも目覚めてくれれば良いのですが。しかし2番目にシュートが多い選手が14本ですからいかにIversonが多いかがわかりますね。

ちなみにこの試合Randolphが足首を怪我したそうで途中退場しています。レントゲンの結果骨には異常がなく、それほど重傷でもないようです。明日の試合にも出場できるかも知れません。Webber, Hunterのいない今では貴重なスターターです。ここで怪我で欠場している場合ではありません。

一方前回の試合でふがいない結果だったDalembertですが、約28分の出場で6得点、6リバウンドということでした。今日はファウルも3つだけなのでもう少し出場できる状況にありましたが、どうも動きに覇気がないのでしょうか。前回は思いっきりそんな感じでしたが。

その代わりにベテランのHendersonが27分出場して13得点と奮闘してくれています。さすがベテラン、これまでほとんど出番はありませんでしたが、ここぞという時には頼りになります。

今日の試合はIversonの活躍が目立ち過ぎという感じですが、相手のFGはじつに54.8%なんですよね。ファウルを多く貰っていたのとターンオーバーを22個も貰っているという所で差がつきました。IversonがFT17本も打っています。やはり彼がドライブしていくとファウルになる確率も非常に高いですね。

やっと連敗が止まった訳ですが、怪我のWebberはまだまだ復帰には遠いようで、あまり歯切れの良いニュースを聞きません。Hunterはもうすぐ復帰できそうで、もしかすると明日のCavs戦にも行けるかも、というくらいの状況のようです。明日のCavs戦にもしRandolphが出場できないとなるとかなり苦しくなります。ケガはつきものではありますが、やはり一刻も早く全員が出場可能な状況での試合というものを見てみたいですね。


スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/283-6d5602d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。