フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(Eagles)対Redskins戦 久しぶりの勝利

バイウィーク明けのイーグルスはレッドスキンズと戦い、27-3と久しぶり、というかもしかしたらはじめての安心して見ていられた展開で勝利を収めました。

この試合ではこれまでのようにAndy Reidがプレーコールをするのではなく、アシスタントヘッドコーチのMarty Mornhinwegがコールしていたそうです。その結果いままでのパスばかりの攻撃からパス26回、ラン34回というプレイ選択になりました。

連敗中は試合序盤に攻められない攻撃が続きましたが、この試合では最初のドライブで10プレーでFGを奪い、次のドライブではStallworthへの84ヤードのロングパスTDが決まりました。最初のドライブでは最後のキックの除いて9回のうち6回がランプレーでした。その後は試合最後の9分を使い切ったドライブまで割とパスが多い事もあったのですが、最初のドライブでこれだけランが多いのはなんだかランを使うという意思表示を見たような気がしました。

Westbrookもキャリアハイに並ぶ22回のアテンプトがありますし、Buckhalterも8回キャリーしています。Westbrookが20回以上キャリーしたのはキャリアで3回目だそうで、改めて彼をセーブしながら使っているのがよくわかります。BuckhalterはReggie Brownのファンブルを空中でキャッチしてそのままTDという珍しいプレーがありました。彼にとっては超久しぶりのTDでしたのでBrownの後ろを懸命に走っていた甲斐があったというものでしょう。

パスはマクナブはこの試合12/26、226ヤード、1TDという事になっていますが、やたらと成功率が低いのが気になります。前半なんか4/16ですからね。パスディフェンス30位のRedskins相手だったのでもう少しパスが出るかと思っていたのですが。

ディフェンスはClinton Potisが怪我で退場したものの、ランでは140ヤードほど出されています。パスはわずか132ヤードに抑えており、結局Brunellは次の試合から代わる事になる、と今日になって発表されています。

この試合サックはなかったのですが、ラッシュはそこそこかかっていたんでしょうか。Sheldon BrownがINT TDを奪っていますがここではShawn Barberがブリッツをかけ、結構無理な体制で投げたパスの結果のようです。ただQBへのプレッシャーも勝ったからそこそこかかっていた、というような報道になりがちで、もし負けていたらサックが無かったから全然ダメ、みたいな事になるのでしょう。いずれにしてもサック0は事実ですからやはりここはちょっと心配です。

これで5勝4敗でなんとか踏みとどまりました。GiantsもBearsに敗れてディビジョン首位とは1ゲーム差となっています。残り7試合となり、本当に取りこぼしのできない時期になってきました。ここまでなんとなくモヤモヤした戦いぶりですが、なんとかスカッと勝って欲しいものです。というより、今シーズン放送少なすぎです。まあこの成績ならば後半戦はGaoraでの放送が増えるでしょうか。




スポンサーサイト

テーマ:NFL - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/276-e0ce1083
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。