フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(Eagles)走りましょう

ここまでイーグルスは4勝2敗。マクナブは1800ヤード以上を投げ、レーティングは104.8,TDは13個といずれもNFLトップの成績を残し、ここまでではリーグMVPなんていう声も出るほどの活躍を見せています。おかげでチームのトータルオフェンスも1試合平均402ヤードとトップで得点も平均約30得点を稼いでいます。

これを見る限りではT.O.がほぼフルシーズン活躍してスーパーボウルに出場した時のような成績になりそうなものですが、これまでの所Giantsに4Qに17点差を逆転されての負け、更には先週のSaintsでの負けといずれも最後はディフェンスが問題になったような形で負けてしまっています。

ディフェンスの問題はとりあえず置いておくとして、置いていて良い問題でもありませんが、まあとりあえず置いときましょう。私としてはやっぱり気になるのがtime of possesionの平均約27分という数字で、これはリーグで下から4番目の成績です。

昨年のパス偏重のオフェンスから今年はキャンプでももっとランプレーをする、とAndy Reidは語っていました。そしてインサイドのランを出す事ができるようCenterをFraleyからJacksonに代え、更にはRBもWestbrook, Buckhalter, Moatsと3人いた中でRBの補強は行われませんでした。もし人員としてランが出そうもないと思えばなにがしかの補強をしていたでしょうし、補強がない事を考えればこれで充分と考えてのことでしょう。

また、FBには走る事もできるTapehを起用したほか、ショートヤーデージではCの控えのNick ColeをFBに入れる布陣を練習し、実際にダラス戦でも1度QB Sneakの際にColeがFBに入っていました。実際RGのAndrewsは押せていると思いますし、彼だけでなく決して押し込むことのできないOLではありません。ランプレーをもっとコールすればOLとしても嬉しいでしょう。

それでも今まではパス210回、ラン142回とおよそ6割がパスということになっています。もともとパスだったけどマクナブがスクランブルした、というのもあるでしょうから実際にはもう少しパスの比率は高いのかも知れません。

先週のSaintsとの試合は前半で3-17とリードされてしまったためにパスを多用したという事もあるでしょうけど、BuckhalterとMoatsのランがそれぞれ1回ずつというのはいかにも寂しい気がします。

ちなみにオフェンスでは今季21個のTDを決めていて、序盤の3試合ではそのTDを奪ったドライブでは平均6.4プレーでおよそ3分くらいかかっていました。しかしここ3試合では平均3プレーでおよそ1分15秒という超早技でTDを奪っています。Packersとの試合などは4つのTDでそれぞれ8秒、45秒、17秒、3分ということになっています。

TDは時間をつかって奪えと言っているつもりは毛頭ないのですが、やはりもう少しランを使って欲しいなと。今回はたまたまTDのドライブしか見ていないのですが、8秒なんかで攻守交代になればディフェンス側としては結局その前のディフェンスシリーズとあわせて4,5分シリーズが続いているような感じにもなってしまうかと思います。ちょうど長いドライブの間でチャレンジが行われたくらいの休み時間という所でしょうか。

いくらDLをシリーズごとに全員ローテーションしたとしてもその他のポジションまで全員交代させる訳にもいかず、体力的な面で1歩が遅れたり、すべったり、はたまた怪我をしてしまう事もあるでしょう。

ここ最近はロングパスでTDを奪っていることもあり、味をしめてロングパスを多用している、とは単純に思いません。ただ、クロックマネジメントが下手と言われるイーグルスにとって、残り少ない時間が得点を上げるという、いわゆるクロックマネジメントとは違う、試合を早く終わらせる、という意味の有効な時間の使い方をしてもらいたいものです。まあ単純に私がBuckhalterが結構好きなのでもっと見たいという事も多分にあるのですが・・・。


スポンサーサイト

テーマ:NFL - ジャンル:スポーツ

コメント

Westbrookが怪我をしている事も大きく影響しているとは思いますが、いくらなんでもランが少なすぎますよね。Buckhalterも連続ファンブルロストしたり、Moatsもポカが多いので使いたくても使えないのかもしれませんけど・・・。
GB,DALと若手DBの穴を突き続けたからロングパスが決まっただけで、普段からああも簡単に長いのばかりで勝てるわけ無いですよね。縦にストレッチしてからショートパスを投げ、Westbrookが左右に振り回すのが本来のパターンだと思います。もっとランが出ればロングも有効になるでしょうし、オフェンス再構築の鍵はちゃんとランプレイを見せる事に有ると思ってます。

  • 2006/10/20(金) 19:54:59 |
  • URL |
  • horikomi #-
  • [ 編集 ]

他チームにはロングパスのイメージもだいぶ出来ているでしょうから、ディフェンスもKearseの膝の靭帯くらい十分にストレッチされてるんじゃないですかね。100歩譲ってランでなくともRBへのフラットへのパスとか、LJ、Baskettあたりに中央への短めの確率の高いパスというものを見せて欲しいですね。でも先週はそのBaskettがロングパスのターゲットになってましたからねえ。
RBもポカが多いとは言え控えの二人もある程度は計算できる人材だと思うので有効に使って欲しいです。かなり前ですが(6、7年前でしょうか)、Darnel Autryなんて選手がRBのスターターだった時なんかに比べれば今の控えの二人の方が100倍良いと思うのですが。

  • 2006/10/20(金) 23:23:42 |
  • URL |
  • yogi #-
  • [ 編集 ]

Andrewsがあれだけ押してるんだから、もっと早いタイミングでその後ろを付いて行かせれば4ヤードは確実に出そうですよね。Moatsにはアウトサイドだけじゃなくて、インサイドを走らせてみるのも面白いと思ってます(ファンブルが怖いですけど)

  • 2006/10/20(金) 23:43:45 |
  • URL |
  • horikomi #-
  • [ 編集 ]

たしかにAndrewsは今季プロボウル級の働きと言われるほど良いにもかかわらず全く活かしきれていないのが現状ですよね。
Moatsのファンブルはたしかに怖いですがそれでも1試合で2、3回のキャリーしかできないような価値の選手ではないと思います。彼がインサイドを走ってしっかり穴さえ開けてあげれば、スクリメージラインを越えた後そこからはかなり面白そうですね。

  • 2006/10/21(土) 01:25:06 |
  • URL |
  • yogi #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/259-305a5dfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。