フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(Eagles)対Packers戦

Brett Favreがいなかったら間違いなくマンデーナイトの試合にはならなかっただろうこの試合ですが、31-9と勝利を収めました。

当初18:00くらいからBSで放送があるとNFL Japanのサイトで確認していたのですが、今日になってテレビ欄を見たらなんと放送は25:00からということでちょっと迷ったのですが放送を見る前にサイトを見てしまいました。

Favre, Ahman Greenとくればターンオーバーの多い試合となるかと思いましたが、そのGreenは怪我で欠場。ちなみにイーグルスもWestbrook, Lito Shepperd, Rod Hoodが欠場となりました。Westbrook, Litohは先週練習に復帰していたので意外ではありましたが、これも来週のDallas戦に万全を期すためだと思いたい所です。

ちなみにターンオーバーと言えば、やはりFavreは2つのINT、それも後半得点差がある程度ついてパスしかないようなところでのINTでした。逆にイーグルスもBuckhalterが2つのファンブルをしかも相手ゴール前5ヤード以内に入った所で犯してしまっています。1つはマクナブとのエクスチェンジミスということですが、もう一つは普通に相手にあたられてファンブルしてしまったようです。

Westbrookがいないことでランオフェンスはどうなんだろうかと心配でしたが、結果的には可もなく不可もなく、最低限の仕事という感じでしょうか。Buckが11回で49ヤード、Ryan Moatsが7回で22ヤードとなっています。この試合ではマクナブが5回で47ヤード、ランで2TD、パスで2TDとしています。

大事なサードダウンロングでマクナブがスクランブルしてダウン更新ということも2回ありました。本人も「昔のプレイスタイルにちょっと戻した」というような事を言っています。久しぶりのそんな姿も映像で早く見てみたいものです。

ディフェンスではLito, Hoodが欠場となってしまったためにDB陣はさぞかし不安な状態だったろうと思います。Hansonがスターターということになりましたが、当然彼のサイドは狙われていましたし、彼の反則というのも何度かありました。しかし、大きな怪我をせず最終的にTDを1つも許さなかったというのは評価できるでしょう。

前回の試合であまりプレッシャーをかけられなかったディフェンスラインはこの試合では今年はじめてサック0という結果に終わってしまいました。相手OLのガード陣はルーキーということもあって、インサイドからのプッシュが期待されましたが、あまり大きな成果はなかったようです。ただこれはDB陣が超手薄で心配だったためにブリッツもあまりかけられず、という事も大きく影響しているのかも知れません。それもちょっと映像見てみないと。

DB陣の怪我が心配ではあるのですが、この試合ではWRのスターター2人も怪我で途中退場となってしまいました。Stallworthはまた同じハムストリング、Brownは肩の怪我だそうで、怪我の程度はおそらくそれほど重傷ではないのでしょうが、スターター2人というのはちょっと心配です。もし次週このWR2人とWestbrookが欠場なんてことになったら… まあそうはならないでしょうが、早い怪我の回復を祈ります。

ほかにもいろいろポイントはありそうですが、とりあえず放送見てから。

スポンサーサイト

テーマ:NFL - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/251-8c2aec49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。