フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(Eagles)対49ers戦

先週はGiantsを相手に4Qで17点差を逆転されるという失態を演じてしまったイーグルスですが、今週は49ersを相手に反撃を振り切り38-24で勝利しました。

先週と同じく試合序盤から着実に得点を重ね、前半終了時で24-3とGiants戦のような展開となりました。今回はオフェンス最初のプレーで最初のいきなりフリーフリッカーでした。なんでも今週はずっとこのプレーを練習していたのだとか。Safetyがとても積極的に前がかりに来るという事を見てのプレーコールで大当たりでした。パスが来た時には完全にフリーで足がもつれなければ完全にTDとなるようなプレーでした。

パスキャッチをしたのはReggie Brownだったのですが、この時の50ヤードのロングゲインもあってなんと1Qで100ヤードを超えるという素晴らしい働きでした。最終的には5キャッチ106ヤードとなりました。言い換えれば2Q以降はほとんどキャッチできなかったということになります。

この試合ではStallworthがハムストリングの怪我で欠場となってしまいました。先週練習を休んだことがありましたが、大事を取ってということだったので問題なく出場するかと思っていたのでちょっと意外でした。結果的にBrown, Hank Baskettというプレシーズンを思い出させる布陣で試合開始となりました。

先週練習を休んでいたWestbrookは週の後半には練習にも復帰し、試合にも元気に出場しています。その他L.J., BartrumさらにはRodrick Hoodも最後は退場したものの、スターターとして頑張りました。

オフェンスはとにかく前半は気持ちよくドライブを決めていたようです。Westbrookのラン、Buckhalterのランも十分出ていましたし、パスオフェンスもBrownを筆頭にやりたい放題という感じでした。

しかし、後半に入ると一気に進まなくなり、4Qでもボールコントロールなぞ全く出来ず、ディフェンスがフィールドにいる時間が非常に長くなってしまい、じりじりと追いつかれて先週の悪夢を思い出させる展開となってしまいました。

そんな中、3Qにはゴール前1ヤードで1st downという状況になり、49ersは3回連続でFrank Goreのランを選択して来ましたが、この時は見事3回ともがっちりと止めていました。結果的にはこのシリーズが試合のキーポイントになりました。

このシリーズの3rd downの攻撃ではGoreのファンブルをMike Pattersonがなんと98ヤードのリターンTDを決めています。選手達はプレイが終わったと思ったのか反応していない選手がほとんどでしたね。Pattersonの前にはQBのAlex Smithだけがいたのですが、Quinton Mikellがしっかりとブロックしてなんとも可哀想な絵柄でした。

この試合はGoreのランはほぼ完璧に抑えました。これまでの2試合ともGoreは100ヤード以上のランを記録していますが、この試合では16回で52ヤードと抑え込んでいます。これもGiantsの時と一緒と言えば一緒ですが、今日はパスディフェンスもそこそこ頑張ったと思います。最後のドライブでTDを奪われてAlex Smithのパスのヤードも293とMcNabbとほぼ同じですが、最後は残り5分の時間をたっぷりかけさせて終わっていますので得点差を考えればまあ最低限の仕事はしたのかなという印象です。

3QにはBrian Dawkinsが脳しんとうで退場、さらにはSean Considine、Rod HoodとDB陣は次々とリタイアしてしまいました。これを考えれば後半パスを結構通されてしまったのもある意味仕方ないのかも知れません。やはりボールコントロールをするオフェンスが展開できればもう少しディフェンスに負荷をかけずに試合を進められたと思うのですが。最終的なTime of Possesionは49ersが35分台、イールスが24分台で、トータルのプレー数も49ersが77、イーグルスが54ですから、これだけを見ると得点が逆でもおかしくないような感じです。

この試合はJevon Kearseが抜けてはじめての試合となりました。代わりに入ったMcDougleはどれだけのスナップ数をプレーしたのかわかりませんが、QBハリー1という記録しか残っていません。トレードアップまでして1巡で獲得した選手ですし、なんとか頑張って欲しいのですが、やはりKearseの穴は大きいです。これがシーズン後半に響いて来なければよいのですが。

ところでAkersが4Qに39ヤードのFGを外しています。前回は50ヤード近い距離があったのを外しており、前回はともかく今回はこの距離を外してしまうというのもちょっと心配です。スナップなどは問題なかったんだろうか?

今日は勝てる見込みの相手に確実に勝ったということで良かった訳ですが、昨年の49ersとの試合のように完璧な勝利という所までは至りませんでした。もう少しランが確実に出ればというのは贅沢な悩みというべきか。OLも今年は中央を強化してそのあたりを改善しようとはしていると思うのですが。

スポンサーサイト

テーマ:NFL - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/247-25a30a5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。