フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(Eagles)怪我人

昨日の悪夢のような敗戦から一夜明け、またまた悲しいニュースが入って来ました。

今年ここまで3.5サックとイーグルスに来てから一番の働きを見せていたJevon Kearseが左膝の怪我でシーズンアウトとなってしまいました。今年はDarren Howardが加入し、更にDTの補強などでKearseだけにダブルチームに行けない状況になっていたため、大きな飛躍が期待されていましたが非常に残念な事になってしまいました。

ESPNで怪我をした時の様子が流れていましたが相当に痛そうにしていたのでちょっと心配だったのですが最悪の結果になりました。

DLにはまだアクティブになっていないJerome McDougleがいるため、今後彼も出場することになるでしょう。Kearseの穴を埋めることには到底ならないと思いますがそろそろトレードアップしてまでドラフトで獲得した元1巡指名選手の働きを見せて欲しいものです。

左DEだったKearseのスポットには同じく左サイドでプレーしていたJuqua Thomasがスターターとして入る見込みだと言われており、ここまで4サックと大活躍の右のDE Trent Coleはこれまで通りサブとして入る可能性が高いと言われています。ただコーチ陣が名言している訳ではないのでまだまだわかりません。

同じくGiants戦でかかとを怪我したRodrick Hoodですが次の49ers戦への出場は「there is a chance」とAndy Reidは語っていますが、どうもその可能性は低そうです。Giants戦ではHoodが怪我をしてHansonが入り、Dexter Wynnがニッケルバックでした。Jim JohnsonはHansonは良くプレーしたと言っていますが、どう考えても影響はあったでしょう。

Hoodの怪我の具合を見てということになるでしょうが、新しいCBの獲得をすることになるでしょう。普通に考えればキャンプに参加していたDonald Stricklandが入るのが順当な所でしょう。Stricklandはカットされてどこかと契約するのかと思いきや未だ売れ残りの状態です。

Kearseの怪我が大きく報道されていますが、実はこのCBの状態の方がチームにとっては危機的状況ではないかと思っていましたが、Hoodの怪我がそれ程重傷ではないようなので少しは安心しました。Lito Sheppardは復帰までまだ少週間とも言われており戻ってくるにはまだまだ時間がかかります。捻挫は場合によっては骨折よりも厄介と言われますから、危機的状況ではありますが、今は完治のために全力を尽くして欲しいものです。

10/8にはCowboysを地元に迎えての対戦があります。この試合はT.O.が来る試合として大きな注目を浴びること間違いなしの状態ですが、T.O.、Terry Glenn、そしてJason Wittenといるレシーバー陣にSheldon Brown, Hanson, Wynn(Strickland)というCB陣ではめちゃめちゃ心配です。

Hoodの怪我は次週には間に合わなくともその次のPackersとの試合に間に合う可能性は高いでしょうから、その点がまだしもの救いです。Giantsのようにシーズン序盤に厳しいスケジュールではなかった事に感謝すべきかも知れません。シーズン終盤の恐怖のスケジュールに関しては・・・そんな先のことは知りません。。。

スポンサーサイト

テーマ:NFL - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/245-3f7d5804
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。