フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)Salmonsはトロントへ

トレードの話があがっていたSalmonsはついにトロントへとトレードされました。トロントとフェニックスがトレードの相手先となり、トレードと言っても実際にはRFAだった彼にとってはサイン&トレードでしたので両チームからのオファーをSalmonsが検討してトロントを選んだという形になっています。

フェニックスではSteve Nashの控えになる見込みのようでしたが、トロントへ行ってスターターとしての可能性に懸けたということのようです。両チームからのオファーはほぼ同じくらいで5年で23ミリオンくらいのようです。30万ドル程度トロントの方が良いオファーのようですが、金額はたいして決定には影響していなかったでしょう。

トレードの見返りとしてトロントの来年の2巡目指名権、2ミリオンのトレードエクセプションを得ています。トロントが来年すごく強くなる気配は今の所ありませんから、2巡目指名権でもフェニックスよりは良かったのではないでしょうか。

スターターとして常時出場すれば平均12得点くらいはコンスタントに成績を残せる選手ではあると思いますので新天地でがんばってもらいましょう。

また、Iversonが最近の自身のトレードの噂についてコメントしています。
基本的には今まで通りチーム残留を希望しているのですが、「ビジネスだから仕方ない」「自分にもトレードされるだけの価値があるということ」「別のチームに行けば毎年のようにトレードの噂が出なくて良いかも」そして更に、「CBAでなければどこのチームでもOK」などとコメントしています。

今までかたくなにチーム残留を希望してそのようにコメントして来たA.I.ですが、これらのコメントを見ると少し心理的にも変わっているようにも見えます。ただ、あくまで残留が第一希望とは言っていますが。

尚、Webberが最近のA.I.の噂について、「Kingsから76ersへのトレードを最終的に了承したのはIversonの存在だった」とコメントしています。彼の契約ではトレードの拒否権があったようなのですが、Iversonからの電話もあり、彼とプレーできるなら、ということでシクサーズに来ることになったようです。

そういうこともあり、WebberとしてはIversonトレードはしてほしくない、とコメントしています。最近の記事では他チームのオファーも底をつき、もうトレードされないのではないかというような憶測も流れています。Billy Kingもなんでも良いからトレードしてしまえ、という事は絶対にしないとしており、十分な見返りがなければ動かないと言っています。

今年はドラフトでディフェンスが良く、スターターが期待されるCarneyを獲得し、更にディフェンスでは今年のNo1とも言われるBobby Jonesを獲得しました。更にWillie Greenも来期は復帰します。戦力としては昨年よりは確実にアップしていると思います。

Louis Williams, Iguodalaなどの若手の成長もあるでしょうし、なかなか楽しみは多いシーズンだとは思いますが、やはりチームを引っ張るベテラン選手というのが必要です。McKieが抜けたあと、彼のようなベテラン選手は出てこなかったようで、そのような選手と今後契約する可能性は十分あるでしょう。

このような楽しみのあるシーズンでもあるのでまだIversonにはチームにいてもらいたいものです。


スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

ということは、AIもウェバーもトレードされない可能性が出てきたということですか。どちらの選手も好きな身としては嬉しいのですが、はたして若い選手にボールが渡るのかということになってきますね。もちろん若手の積極性もあるでしょうが、2人とも長い時間ボールを持つことで能力が発揮できる選手なので心配です。2人で平均50点というのは魅力ですけどね。

こういろいろな話が出てくると、どうしたらいいかわかんなくなってきます。決めるのは自分ではないのですが^^;

  • 2006/07/15(土) 13:46:49 |
  • URL |
  • たく #-
  • [ 編集 ]

トレードがどうなるかは他チームのオファー次第でしょうから、どうなるかは全くわかりません。でもこのオフにトレードされなくても来季チーム成績が悪ければシーズン中のトレードということも十分あるでしょう。

Iverson, Webber二人とも残留したとすれば基本的なチームカラーというのは変わらないかも知れません。そんな中で若手がどこまで伸びてくれるか。個人的にはやはりWebberが放出できればと思うのですが、ちょっと無理なんでしょうか。まあ彼の契約もたしかあと2年くらいですから、それまでは我慢ということでしょうか。

  • 2006/07/15(土) 15:25:53 |
  • URL |
  • yogi #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/216-477e6ac9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。