フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(Eagles)ミニキャンプ

今週からイーグルスのミニキャンプがはじまっています。来週まで2週間弱全員で練習して7月のキャンプに備える事になります。

ルーキーの練習はこの前からはじまっていたのですが先日からベテラン勢も参加しての全体練習となっています。このミニキャンプは参加は一応任意という事になっています。任意とは言え普通ならば参加するというものなのですが今年は完璧に全員が揃う事となりました。これは素晴らしいスタートを切ったと言えるでしょう。

これまでミニキャンプを休む選手は契約問題がこじれた末というのが恒例でした。昨年のT.O.、Westbrook、Corey Simon、Simonは一昨年も同様でした。さらにその前の年にはDuce Staley、Bobby Taylorという面々がミニキャンプを欠席しています。そういう意味では4年ぶりに全員が揃うミニキャンプということになります。

今年はDawkins, Michael Lewisの2人が契約最終年ということになっているのですが、Dawkinsは先日も言っていた通りしっかりキャンプに参加しています。Dawkinsは「契約延長はしてもらいたいし、常にそのことは頭の片隅にある」とは言っているものの、フィールドの上では全く関係の無いこと、と言ってがんばってくれています。

現在32歳という年齢を考えれば契約が延長されるかどうかは今シーズンの働きを見て、とチームは思っているのでしょう。今年Jon Runyanが同じような状況でオフにFA契約となりました。多少スピードが衰えたとは言え、まだまだプロボウル級の働きはできると思いますから、なんとか契約延長に至って欲しいものです。と、これはかなり個人的な思いが入りまくりなのですが・・・。

同じSafety仲間のMichael Lewisも数年前から契約延長の交渉はしているようですが要求額が高く、なかなか合意に至りません。ただ彼はホールドアウトする事は全く考えなかったようで、代理人からホールドアウトも選択肢の一つと薦められたようですが、迷うことなくキャンプには出席してくれています。「ドラフト時に他チームが自分の心臓の具合を心配して指名しなかった中、チャンスを与えてくればイーグルスにはとても感謝している。今はそれに報いる時」というような泣かせる事を言ってくれています。でもきっとこのような考え方というのもDawkinsの影響は大だと思います。

ちなみに大学の授業の関係で出席できていなかった今年のドラフト3位のGocongも無事キャンプに登場して練習に励んでいるようです。本当の意味でこれで全員集合という事になりました。

怪我人ではBuckhalter, Shepperd, ルーキーのJason Avantが練習を休んでいる模様です。アキレス腱断絶のPinkstonは練習メニューの半分くらいに参加したとか。Buckhalterはキャンプを無事怪我なく過ごすことができるでしょうか。本当の意味で最後のチャンスとなります。

いずれにしても昨年はT.O.がいたおかげでチームに問題がない時もなにかと本来のフットボール以外で注目を浴びていましたが、やっとそのような事もなくなりプレーに集中できる環境になったようで選手達も喜んでいるようです。今年はNFC-East全体がレベルアップしていると思われ厳しい戦いになりますが、なんとかまたSBへと行ってもらいたいものです。



スポンサーサイト

テーマ:NFL - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/201-daaae83a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。