フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)05年シーズンレビュー Webber

ちょっと更新に間が空いてしまいました。今日は引き続いてChris Webberについて書いてみます。
20060605172433.jpg

Webberについてはシーズン中にいやという位書いたのでちょっと繰り返しのようになってしまう点はご勘弁を。

まず、今年の成績は20.2得点、9.9リバウンドと数字としては非常に立派な成績を残してくれました。ちなみにリバウンドではリーグ8位、ダブルダブルは今年38回とリーグで7位となっています。

PFの控えの層が薄く、センターはDalembert, Hunterというディフェンシブな選手達の中、得点の取れるPFとして働いてくれました。

もともとパスが非常に上手な選手ですが、その特徴を活かしてIversonに変わってハイポストからオフェンスを彼が組み立てるという展開もありました。

と、こう書くと非常に良かったように思えるかも知れませんが、私としてはやはり彼の働きは不十分と言わざるを得ません。得点を平均20点取っていますが、もう膝の動かない彼としてはアウトサイドからしかシュートは打てず、そのおかげもあってFG%は43.4%となってしまいました。キャリア平均が48%ですから最近の彼のつらさがわかる気がします。

当然彼のミドル、ロングシュートは外れれば比較的長いリバウンドとなり、もともとリバウンド能力の低いチームですから、そのリバウンドを取られて速攻を食らう、という悪い流れになってしまいます。

得点は平均20得点ですから待望のIversonを助けるオフェンス能力のある選手ということになるのですが、その20得点はなんともソフトな20点という感じで、相手としてもまあ許せる20点という所ではないでしょうか。Iversonのマークを外す存在とまではいかなかったと思います。

また、ハイポストからオフェンスを組み立てる、という事にはなりましたが、チーム全体としてボールがキレイに流れるという感じにはならず、IversonとWebberが1+1が3にはならず、単純に2にしかなっていないように思い得ます。まあこれはWebberが悪いとか言う問題ではないと思いますが。

ローポストでボールを貰ってゴールを正面にして、相手ディフェンダーもディフェンスポジションにしっかり入っている時はディフェンダーをかわすことはかなり困難でした。パンプフェイクを何度もして、それでもブロックされる事も多かったように思います。

ちなみにWebber自身のブロックは平均0.83ですが、キャリア平均では1.49、最も多かったシーズンでは平均2以上のブロックを決めているシーズンもあります。やはり膝を手術してからというものすっかり昔の輝きはなくなってしまったと言わざるを得ません。まあ輝きがなくなったというよりプレーの質が変化したと言うべきかも知れませんが。

今年プレーオフを逃し、世間ではチーム改造についていろいろな意見が言われています。その中でたいがいがIversonをトレードする時期だ、というのが多いのですが、私としては誰かを放出するのであればWebberが先だと思います。

当然約20ミリオンとShaqに次いでの高給取りですから引取先を探すには相当の困難がつきまとうとは思いますが、そこはBilly Kingになんとかがんばってもらうしかありません。このまま行けばどんどんWebberの価値は下がる一方かと思われます。

このような選手は以前にもシクサーズに在籍していました。そう、晩年のDerrick Colemanです。彼も才能は素晴らしく、ドラフト1位で獲得された選手でしたが、キャリア最後の方は全く動けずファンからもブーイングでした。

また、これは全く根拠や統計のようなものがあるわけではありませんが、なんとなくWebberの不運さのような面がチームをファイナルまで連れて行ってくれるようにはどうも思えない気がします。

勿論彼は今でも良い選手ではありますから、チームを強くする要素にはなると思いますが、なんか最後の所で勝利に見放されている感じがしてなりません。

今後ドラフトに絡めてのトレード、その後のFA選手の動きなど今季はいろいろな事が起こると思われますが、結果的に移籍することなどがなくとも、Webberにとってはなんとも騒がしいオフとなりそうです。


スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

こんばんは。
20pとっていてもやはりとり方のの問題なのでしょうか?シーズン中によくあった試合終盤に点がはいらなくなるのは、ゴール下で安定して点がとれる選手がいなかったからですよね?そのことをを一番期待されていたウェバーはミドルばかりで期待にこたえられなかったと思います。膝が悪いのはわかっているのですが・・・。残念ながらみなさんがおっしゃっているようにいまのシクサーズには必要ないと思います。前にも言いましたが個人的にはウェバーすごく好きなんですけどね。トレードされてきたときはホントにうれしかったです。そして3OTのBOS戦ではシビレました。


ピストンズドンマイ><

  • 2006/06/05(月) 22:44:01 |
  • URL |
  • たく #-
  • [ 編集 ]

こんばんは。
ウェバーは、すごい、いい性格だそうで、私もいい人だなぁと思うんですが、もともと、アイバーソンがいると周りの選手が伸びない、などといわれてるところにきて、ウェバーが入ったことで、より一層そうなってしまったようで・・・・昨シーズンもウェバーが来るまでは、まぁまぁいい成績だったんですよね?そして今年こそ!と思っていたのに・・・。イグドラとかはウェバーがいなかったほうが、もっともっと成長できてたんじゃないかと思うのですが・・・・。
アイバーソンひいきの私が言うので、申し訳ないのですが・・・・。
ウェバーは彼女がNYにいるそうで、NYに行きたがっているとか。
そちらの方、とってくれないかなぁ・・・・・。
ごめんね、ウェバー。

ピストンズ残念でした。

  • 2006/06/05(月) 23:58:50 |
  • URL |
  • spike #wP5NZPWg
  • [ 編集 ]

たくさんこんばんは。
私もWebberがトレードされてきた時はうれしかったのですが、Kings時代の終盤で彼がいる時といない時で勝率が変わらない、か逆に悪いくらいだったというのを思ってちょっと不安だったのを覚えています。
ボストンの試合は忘れられません。股の間をドリブルしてディフェンダーをかわしてのSamへのロブ。ハンパじゃないプレーでした。Iguodalaが頭を抱えていたのが印象的でした。

  • 2006/06/06(火) 00:14:04 |
  • URL |
  • yogi #-
  • [ 編集 ]

Webberが来た時はKenny Thomasに大金を払って契約延長をした後のシーズンでした。どう考えても払い過ぎだよなーと思っていたのですが、その交換要員のWebberもリーグ随一の高給取りですからねえ。
IguodalaがWebberがいない方が成長できたという点は私もそう思います。結局オフェンスがWebber, Iversonの二人だけに集中してしまいますからね。
ちなみにWebberファンは本当に多いですよね。人柄の良さは画面からもひしひし伝わって来ます。なんとも残念な選手です。
ちなみに私の知り合いでアメリカ旅行に言ってUCLAのキャンパスを歩いていたら、向こうからWebberが歩いて来て「体育館どこ?」って聞かれた奴がいます。その彼はバスケ好きだったのですぐWebberだとわかったそうですが、普通にあっちだよ、と教えて握手も何もできなかったそうです。でもとっても良い人そうだったと言っておりました。ちなみにその体育館に後で見に行ったら、UCLA出身のBaron Davis, Paul Pierceなどそうそうたるメンツが練習していたそうです。うらやましい。
ピストンズ、まさか負けるとは。

  • 2006/06/06(火) 00:20:55 |
  • URL |
  • yogi #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/200-d2b22c78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。