フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)対Bulls戦 なんとか踏みとどまりました

先週Bulls, Celticsと連敗し、イースト8位のBullsに1ゲーム差をつけられ、プレイオフ出場が真剣に難しそうになっていましたが、そのBullsとの再度の対戦では89-75と一転勝利となりました。

なんとかこれでゲーム差なしまで来ましたが、タイブレーカーではまだBullsの方が上なため、まだ9位になっています。先週は非常に大事な試合が続きましたが、今週もWizards, Netと強豪との試合が続くため全く息を抜く暇はありません。

それにしてもBullsとの試合ではなんといってもこのロースコアの結果がなんとも珍しいですし、嬉しい所です。試合開始直前にWebberが腰の痛みを訴えて欠場となり、Hunterが代わりにPFで先発出場となりました。

以前からDalembert, Hunterのツインタワーの布陣を見たい見たいと言っていましたが、とうとう実現となりました。

結果的には76ersにとってはシーズンハイというか与えた得点、相手のFG(32.6%)は今季最高の数字となりました。Cheeksは試合後Bullsのシュートの調子が悪すぎたとコメントしていますが、きっとHunter, Dalembertという2人のセンターがいたことも関係しているでしょう。というか関係していて欲しい・・・。

ブロック数は2人で2つずつの計4つと多い数字ではありませんが、2人を嫌ってアウトサイドを打たされた、と思いたいものです。

Bullsのミドルレンジのシュートが何本かなど細かくは見ていません。スリーポイントは今回7/28で確率は悪かったのですが、この28本打ったスリーというのもBullsの1試合平均のスリーのアテンプトが約18本ですから、いつもよりは確実に多かったと言えます。これもツインタワーのおかげ?

2人はリバウンドでも良い働きを見せてくれ、Dalembertは14本(OR7本)、Hunter9本(OR3本)のリバウンドをもぎとっています。チーム合計でも51-37と大きくリバウンドで差をつけています。なんと久しぶりのことでしょうか。

シクサーズのオフェンスもFG39%と誉められたものではありませんが、IversonがWebberがいなくなった分もシュートを放ち、12/29と確率は悪いものの、39得点を稼いでいます。アシストがわずかに1つというのが寂しいですが。

今日はWebberがいなかったことで久しぶりにLarry Brownコーチ時代の「Iversonとその仲間たち」という感じのラインアップでした。(Iverson以外はディフェンシブな選手ばかりでスターはいないという意味です)

結果的にはこのような選手達で今季まれに見るディフェンスでの勝利となりました。やっぱりこういう布陣の方がIversonにはあっているんでしょうか。今日のツインタワーにIverson, Iguodala,そしてSFにWebberなんていうスターター陣は無茶ですかねえ。まあWebberにPaul Pierce, LeBronあたりをマークしろというのもちょっとミスマッチでしょうか。それは攻守が逆転すれば相手も同じことといえばそうなんですが。
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

おひさしぶりです。こんばんは。PCの調子が悪くて困ります・・・
さて、勝ちましたね。しかもロースコア。そしてyogiさんもおっしゃっているように、サムとハンターのツインタワーも見れました。僕もこれを密かに楽しみにしてたのでうれしいです。ただウェバーの調子が気になります。腰に痛みがあるということですが、疲労による一時的なものですよね?しかしこの試合のようにウェバーいないとディフェンスが安定しているんですよね・・・。こうなったらウェバーはベンチから、得点が止まった時にでてくるっていうのはどうでしょうか?30分くらい・・・。まぁなさそうですけど・・・。
さてこのあとの6戦はホーム2戦+CHAの3試合には最低でも勝ってもらいたいですね。前は8勝2敗などと高望みしてしまい、あっというまに3連敗ということになってしまいましたが、こんくらいひかえめにしとけばたぶん大丈夫でしょう(笑)それでは失礼します。

yogiさんのレブロンと同姓同名の猫も見てみたいです^^

  • 2006/04/10(月) 21:41:08 |
  • URL |
  • たく #-
  • [ 編集 ]

こんばんは。やっと勝ってくれましたね。
すごいロースコアのゲームだったんで、びっくりしたけれど、ツインタワーが機能していたと思いたいですね。リバウンドの数にびっくりしました。イグドーラも頑張っていたみたいだし、まずはよかったです。
「Iversonとその仲間達」には笑ってしまいました(笑)
もう残り少しだけれど、私もウェバーがいない布陣で頑張ってみるのも悪くないんじゃないかなぁと思ったりして・・・(あ~ウェバーさん、ごめんなさい。)Iversonも前回はブルズにきっちり押さえつけられたんで、今度はお返しが出来てよかったです。
最後にホームでのネッツ戦の放送がありそうなので、そのときにはいいプレーを期待したいです。

  • 2006/04/10(月) 22:09:50 |
  • URL |
  • spike #wP5NZPWg
  • [ 編集 ]

たくさんこんばんは。なんとかWebberが戻って来たとしてもこのツインタワーの時間帯というのは作って欲しいと思いますね。もしプレイオフに出たとして、デトロイトの二人のWallace、McDyssに対抗するにはそれしかないでしょう。

Webberの怪我の具体はどの程度かわかりませんが、試合直前まで出る予定だったのですから、それほど重大なものではないでしょう。ただ、これからタイトなスケジュールになりますし、少し心配はあります。腰ですから動きが更に遅くなるでしょうし、そうなると更にディフェンスが心配です。

うちのレブロンはなかなか跳躍力ありますよ。もう一匹の猫と夜な夜なOne on Oneで対決しています。

  • 2006/04/10(月) 22:21:57 |
  • URL |
  • yogi #-
  • [ 編集 ]

spikeさんこんばんは。
Iguodalaはシュートも15本打っていますし、結果的には4本しか決められませんでしたが、とにかく積極的に行くことが重要です。

Iversonとその仲間達戦術はLarry BrownがIversonのプレイスタイルからはじめた戦術でしたが、非常に効果的なものでした。ただ、その仲間達だけではプレイオフ上位に行くことは難しく、選んだスター選手はMutomboというディフェンスでオールスターに選ばれるような選手でした。結果的にはファイナルでLakersに敗れたものの、Iversonをサポートする選手達はディフェンス能力が高い選手、という明確な戦略がありました。この一試合で全てを語る事はできませんが、今オフいろいろあるであろう動きの中でやっぱりそういう戦略が良いのかなあと考えさせられる試合でしたね。

ネッツ戦ではなんとか良い試合をして欲しいものです。先日のCavsとの試合はあまりにも惨い試合だったのでいまだに1Qしか見ていません。今日は少し見ようかな。

  • 2006/04/10(月) 22:32:59 |
  • URL |
  • yogi #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/170-bc3b181f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。