フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)対Pistons戦 想定内の敗戦

今プレイオフが始まれば同じ対戦となるチャンピオンPistonsとの試合が行われました。ここ最近のシクサーズの雰囲気ではとてもかなう相手ではないのですが、結果的にはあたり前のように軽くひねられてしまいました。

それにしてもここ12試合で10敗目となってしまい、よくもここまでチーム状況が変わってしまったものだと思います。去年は逆にシーズン終盤は急に勝ち始めたので少しはプレイオフにも望みはありましたが、今年はかなり望みは薄いでしょう。でもそれもプレイオフに出られれば、という条件付きですが。

この試合ではFGは50%と高い数字ですし、リバウンドも合計では2本差とそこそこがんばっています。しかし、ターンオーバーが19本、相手のオフェンスリバウンドが18本という所が致命的でした。

こちらのターンオーバー19本をデトロイトは24点に繋げているあたりはさすがだなあという感じです。ファーストブレイクでの得点は8点しかないんですけどね。

オフェンスリバウンドを18本も取られたおかげでFGの数も18本と余計に打たれています。フリースローも4本多く打たれていますから、まあ多少確率が悪くても点は入れられてしまうでしょう。

それにしてもデトロイトのアシスト数が26本(FG成功は39本)という数字も驚きです。しかもアシストをBillupsだけでなく、スターターとMcDyessの6人それぞれが3本とか4本のアシストを決めています。さぞかし気持ちのよいボール回しだったのではないでしょうか。

前回の試合もそうでしたが、この試合ではHunterのプレイタイムが減り、Dalembertの時間が増えています。それでもDalembertは22分の出場なので充分とは言えないかも知れません。

その代わりに久しぶりにRandolphとBradleyがプレイタイムをそれぞれ16分、10分ともらっています。リバウンドを8本、3本と取っていますし、Randolphはブロックも2本決めています。

Iversonも今日の明るい材料はRadolphが良いプレーを見せたこと、と言っていますがいかんせん時すでに遅しというか、苦し紛れのローテーションに見えてしまいます。今日はLouis WilliamsとWillie Green以外は全員出場でしたね。今後ローテーションどうなるんでしょうね。

ここまで負けが続くと一番怖いのは選手の闘争心がなくなることですが、試合後のコメントを見ている限りでは、結構弱気になっているような感じもします。自分たちを信じている、的な精神論しか言うことがないというのも現実のようですしね。

イースト8位のシカゴも一向にチーム状態が上がりそうもないのですが、それ以上にシクサーズの状態が悪いので徐々にプレイオフ出場が怪しくなってきています。

次は今シーズンなにかとゴタゴタ続きのKnicksとの試合になります。先日はボストンに98-123とボコボコにされ6連敗となっており、最悪のチーム状態の両チームの対戦となっています。ただ、6連敗もされるとそろそろ勝つのでは、とも思ってしまいますし、今のシクサーズでは安心できる相手などいないのが現状です。久しぶりにスカッとした試合をしてもらいたいものですがどうなるでしょう。

スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/165-f4b00284
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。