フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)対Warriors戦 ああ4連敗

先週の金曜日のSonics戦のあった日からちょっと体調が悪かったのですが、土曜日に一気に悪化し、昨日は1日なんと39度も熱があり、ほとんど死んでいました。でもインフルエンザではないようで、最近はやっている急に高い熱が出る風邪だそうです。

今日も意識はもうろうとしてますが、スカパーの放送はしっかり録画しました。しかし、なんとも覇気のないというか迫力のない戦いぶりで負けてしまいました。ああ、また熱が…。

ここまで4Qに一気に逆転されて負けるという試合が続いていますが、前回のClippersといい、今日といい、逆転というより普通に力負けという感じでした。特に前回のClippersはそんな感じで今のチームの実力を見せつけられた感じでした。

Iversonがいなくなった影響も大きいでしょうが、ここぞという時に相手に手も足も出なくなっている感じですね。

昔から思うのですが、平均得点が20点、10リバウンドだとしてもその数字の意味というか、どのような状況で取った数字かという点で大きく異なります。相手にダブルチーム、トリプルチームされ、また試合最後のシュートを任せられるか、という選手かどうかでやはりチームにとってどれだけインパクトのある選手かというのがわかります。または試合最後のシュートであいつが外したなら仕方ないと思えるかどうか。

そうなるとやはり今の所IversonとWebber以外そのような選手は見当たりません。オフェンスではKorverのシュート力は魅力ですが、それだけの感は否めませんし、Iguodalaも少なくとも今オフまで待たないとダメのようです。Salmonsは良いutilty playerだとは思いますが、チームを任せるようなプレイヤーではありません。

一時期効果を発揮していたスモールラインアップでしたが、今日は不発でした。後半Dalembertが出て結構良いディフェンスをしていたように思うのですが、その後はWebberと3人のガード+Korverという布陣でした。個人的にはHunterとのツインタワーを見たかったのですが。まあ今日は相手も小さかったし仕方ないか。

それにしてもDalembertが怪我から復帰したものの数字を残せていないのがちょっと心配です。プレイタイムも貰えていないのである程度は仕方ないかも知れませんが、とにかく彼には元気に走り回って欲しいものです。

Memphis戦後にこの後3月は6勝3敗なんてどこかで言っていた人がいましたが、あっけなくその話も夢物語になり、0勝4敗となりました。でも0勝とはかなり意外です。それでもChicagoも負け続けているためにプレイオフ8位は安泰なのですからなんとレベルの低いことか。

次のAtlanta戦ではIversonは復帰するんでしょうか。復帰するにせよしないにせよ、Atlantaに負けるようでは、私の体も風邪から肺炎にでもなりそうです。
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

今日の試合、Webberの表情を、見ていたら…まさに悪夢って感じでしたね。(IguodalaとWebberの関係も悪くなっていた様な?)今日は、ディフェンスに注目して見ていると、やはり、ほとんどが、アウトサイドからの攻撃でした。インサイドは、Webberが頑張ってました。(特に4th)3pにやられる場面が多いように思います…なぜなんでしょう?確かに3pの確率の高いチームは、強い。本来3pは、事故みたいな物で、そんな頻繁に遭う物では無いはずでは…?まだ来期の事を、考えるのは、早いのですが、IversonとWebberの関係がうまくいっている様なので、(深夜の電話は、その後も続いてるのでは?!)他の選手のstep up、それを導くコーチ陣とGMの変化を、期待します。

  • 2006/03/21(火) 01:21:49 |
  • URL |
  • ゆか #-
  • [ 編集 ]

お久しぶり(?)です。お体のほう大丈夫ですか?
この4連敗は、アイバーソンのような絶対的なオフェンスプレイヤーが
いないという事が原因と見ていいのでしょうか?もちろんそれだけではないでしょうが、それが一番大きいと勝手に思っています・・・
早くアイバーソン復帰してほしいですね。欠場予定は4試合ということですがだいじょうぶですよね?さてGS戦ですがFGが、コーバー10の3、ウェバー21の7、サーモン18の5と3人はダメでしたが、ハンターは7の7という成績でした。リバウンドは物足りませんが、トレード問題のあとのハンターはホントにいい活躍ができていると思います。しかし
逆にサムが調子でてきませんね。PTも約8分と激減していますし、本人は凄くストレスがたまっているでしょうね。心配です・・・
今のシクサーズには守り勝つという試合はできないと思うので次の
ATL戦ではアイバーソンも復帰予定ですしオフェンスを爆発させて
すっきり勝ちたいですね。

  • 2006/03/21(火) 01:46:38 |
  • URL |
  • たく #-
  • [ 編集 ]

ゆかさん、こんにちは。
スリーポイントが決められるのは恐らくシクサーズのディフェンスが1対1だと厳しい場面にヘルプに行って、ローテーションが間に合わずに決められるというパターンでしょうかねえ。今年はローテーションの遅さ、ボールに対するプレッシャーの弱さが目立ちます。思い出されるのはインディアナ戦の残り4秒でレイアップを決められた場面ですね。あそここそタイムアウト中に「なんでも良いからとにかくローテーションは素早く」と言っていたのにフリーで決められてしまいました。スリー、レイアップとシュートの種類こそ違いますが、原因は同じ所にあるような気がします。

  • 2006/03/21(火) 18:20:26 |
  • URL |
  • yogi #-
  • [ 編集 ]

たくさん、お気遣いありがとうございます。体調はまだまだ60%くらいです。Iversonなら試合に出て余裕で30得点くらいするのでしょうが、怠け者の私は明日仕事に行けるかどうか…。
4連敗がIversonのような絶対的プレイヤーがいないから、という話ですが、まさに私もそう思います。昨日そのような事を少し書いたつもりだったのですが、絶対的なプレイヤーでも良いし、絶対決まるプレイでも良いのですが、オフェンス、ディフェンス両方共にそのようなプレーがないのが今季のシクサーズだと思います。それで相手チームがここぞというプレーで得点を稼いで来ると返す手がなくなってしまうのではないでしょうか。例えばデトロイトではスクリーンからHamiltonのカールしてのシュート、そこが空いてなければスクリーナーのWallas、もしくはディフェンダーが下がればBillupsのスリーなど、得意なパターンというのがやはりあると思うんですよね。WebberとIversonのpick&rollは一応得意のパターンではありますのでそのパターンが奪われたのはこの連敗にも大きく関係しているんではないでしょうか。

  • 2006/03/21(火) 18:30:52 |
  • URL |
  • yogi #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/159-70718b7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。