フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)対Hawks戦 family?

長いロードがはじまりました。それでも初戦はAtlanta Hawksということで、いくら最近調子の良いチームとは言え、そこは76ersもここ数試合でだいぶ形が出来てきたと思っていましたので勝てるだろうと思っていました。が、108-111で敗戦という結果でした。

なんで111点も取られるかなあ。Dalembertのファウルトラブルということもあり、4Qの序盤で5ファウルで下がってしまったのが響いたように思います。Cheeksも試合後にSamがいるのといないのとでは大きく違う、とコメントしています。でもだったら5ファウルでもせめて残り5分くらいから出せよ、と思ってしまうのは私だけでしょうか。

試合の終盤はWebber, Salmons, Iguodala, Korver, Iversonという布陣でずっと戦っていましたが、これではなかなかリバウンドは取れませんよね。ましてはオフェンスリバウンドなんて。

今日はIversonが53点と活躍しており、FG%も17/31と50%以上なのですが、FTも21本打っており、要するにボールはIversonが独占状態だったのでしょう。チーム全体でもアシストは13しかありませんでした。一人がボールを独占することでチームメイトは傍観者になってしまい、なかなかリズムに乗れなかったのでしょう。

先日Kobeが60得点、しかも3Qであげていますが、いつも思うのですが、Kobeが大量得点をあげた必ず近いうちにIversonが同じ様に大量得点をたたき出しています。正確に統計を取った訳ではないのでわかりませんが、結構確率は高いと思います。本人は意識していないと言うでしょうが、やっぱりすごく意識しているんじゃないでしょうか。ちょっと勘弁して欲しいです。

今日は敗戦以上に憂慮すべき事態が起こりました。この試合ではSalmonsが試合終盤に結構シュートを打っては外していたのですが、彼が試合後のインタビューで、「試合中にチームメイトが俺がシュートを外していた時に笑っていた」とか、なんか陰口たたかれた、的なことをコメントしており、ここ最近ずっとチームとしてまとまりがない、というような事を言っています。

IversonやWebberともにそんなことは知らないと答えており、Webberはその後Salmonsとちょっと話し合いをもったようです。Iversonもそのことは知らないが、1つ自分は聞いたのはSalmonsが外した時のプレイではKorverがフリーだった、ということだったようです。

Salmonsが陰口たたかれたかどうかは本当の所はわかりません。しかし、折しもロードに出る前の練習でCheeksが長いロードの中ではチームメイトが家族になるんだ、という事をチーム全員に話しており、全く正反対の反応がSalmonsから出て来てしまいました。

外から見る限りは徐々にチーム状態は良くなっていると思ったのですが、このような不協和音が出るとういうのは非常に心配です。少なくとも今までここ数年はこのような不平不満というのはチーム外に出る事はありませんでした。このような状況下ではCheeks及びベテラン選手の統率力がどう作用するか、意外な事から正念場になってしまいました。
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

確かにサーモンスが珍しく確率悪かったですけど、原因は点とれなかったことじゃなくてDFのほうですもんね。
サーモンスの存在は小さくないですから、プレーに影響出ないことを祈ります。
しっかしまさかホークスに負けるとわ・・・(><)

  • 2005/12/25(日) 23:28:44 |
  • URL |
  • ふぐd #-
  • [ 編集 ]

Hawksに負けるとは最近チーム状態が良かっただけに結構へこみますね。Salmonsもやっとチームが良くなってきたこんな時に波風立てんなよという気がします。

  • 2005/12/26(月) 21:53:01 |
  • URL |
  • yogi #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/107-624473c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。