フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)対Heat戦 Shaqの壁

前回Wadeに良いようにペネトレーションを決められ、リバウンドでも圧倒されたHeatとの試合、今日はShaqも復帰して厳しい戦いが予想されたましたが、結果的に点差は7点ですが、内容的には圧倒されたような形で105-112で負けてしまいました。4連勝もここで一休み、貯金もなくなりました。

今日はやはりいつもながらShaqの存在感が凄かったですね。成績こそ21得点(FG9/17)、13リバウンドとそれほど驚くような数字ではありませんが、FGもそんなにミスしたっけ?という程面白いようにシュートを決められました。Korverも「15/17くらいのFGのように感じた」と語っています。

前半はDalembertがマッチアップしていたのですが、ほとんど子供扱いという感じでした。そもそもボールを受ける位置が相当ゴール下深い位置でパスを受けていましたのであれでは誰が相手でも止めることはできません。もう少しエントリーパスを入れないようにフロントするとかしない限りどうしようもないでしょう。後半はWebberがマッチアップして、Dalembertがウィークサイドからヘルプに行くという形でしたが、この方がDalembertの良さが引き出せ、良かったように思います。

しかし途中最大で20点の点差をつけられ、観客もブーイングの嵐でした。FGの成功率も前半は一時70%以上あったと思います。そんな中で7点差だったのですからまだ良く戦ったというべきなのでしょうか?

ディフェンスはHeatに比べてやはり随分ソフトに守っていましたね。ボールを持った選手とディフェンダーの距離が大きく、良いようにボールを回されてしまいました。その結果、いくつもパスを回されているうちにフリーの選手にボールが渡り、綺麗にシュートを決められてしまいました。シクサーズが苦し紛れにボールを回していたのとは正反対でした。

そもそも1対1で守りきれないからか、ダブルチームに行った結果、パスを回され、フリーの選手にボールが渡るという状況が何度あったことか。もう少しボールに対するプレッシャーがあればダブルチームもあれほど遅れることなく、裏をかかれないように思うのですが。しかも今日はWadeが相手でしたから、距離を置いてディフェンスをしてもペネトレーションで抜かれてしまうことも何度もありました。Korverはオフェンス力では期待できますが、ディフェンス面では全く穴になってしまいます。Matt Barnesを前半からもう少し積極的に起用する必要があると思います。

Iversonは試合中に左手の親指を痛め、結構気にしていたようなので心配しましたが、一応骨折などはしていないようですので特に大きな問題はないでしょう。今日はIversonがFTを外しまくってしまいました。親指の影響は実際のFTのシュートには問題ないでしょうが、精神面でちょっと問題があったかも知れません。FTが7/16で、FGが14/29ですから、あまり見た事のないような数字です。

今日は4Qに5点差まで追い上げた時はいけるかなと思ったのですが、盛り上がった所でDalembertのなんでお前が?と思う様なシュートや、Antoine Walkerの3ptで再度リードを広げられてしまいました。

Shavlik Randolphは初めて映像で見る事ができました。オフェンスでは全く彼は参加していないのですが、あのオフェンスリバウンドを取りに行く姿勢は素晴らしいですね。ボールが回ってこなくとも自分で取りに行って得点に結びつけています。今日も19分の出場でトータル10リバウンド(6OR)ですから凄いです。

それにしてもやはりShaqがいるHeatは強いですね。Pat RileyはMourningとShaqを同時に出場させ、ツインタワーとしてのフォーメーションも検討しているようです。Mourningも移植手術から復帰してやっと昔の姿に戻って来たようで、ここまではイーストのセンターでは最高とも言える成績だと思うので、これにShaqが加わればかなり凄いことになりそうです。

シクサーズは今日は負けてしまいましたが、Randolph, Barnesというディフェンスが出来る選手2人が活躍できそうなメドもたちはじめていますし、もともとオフェンスでは今年文句ない点数をたたきだしていますから、ディフェンスさえ機能しはじめれば結構いけるのではと思います。

これからToronto, Golden State, Atlantaと成績では充分勝てる相手との対戦が続きます。なんとか取りこぼすことなく、年内にある程度の貯金をしておきたいものです。
スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

コメント

ランドルフ、バーンズは私も始めて見ました。
ランドルフのリバウンドと、バーンズのDFはよかったですね。
シャックにダブルチーム行くのはAIじゃサイズ的にダメってことですかね。
コーバーよりもダブルチームに行くタイミングとかも上手いと思いますし、ポージー空けるよりイイと思うんですがどうでしょう。

  • 2005/12/18(日) 00:26:17 |
  • URL |
  • ふぐd #-
  • [ 編集 ]

Randolph, Barnesは今年の76ersにはいなかったタイプです。数年前まではこのような選手ばかりだったんですけどね。

もしBarnesのプレイタイムを増やすと、Korverのオフェンスがなくなり、他チームメイトへの負担が増す訳ですが、やっぱり今のディフェンスだとちょっとつらいです。それでもここ数試合はチームのディフェンスとしても機能しはじめていると思うので、ここで更なる向上を期待したい所です。

  • 2005/12/18(日) 11:08:00 |
  • URL |
  • yogi #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://phillyyogi.blog20.fc2.com/tb.php/103-97a9aabd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。