フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers) D'Angelo Russel

さて、76ersから3位指名が噂されるD'Angelo Russelの特徴について書いてみましょう。

6-5、180ポンドのサイズを持つPG/SGで、NBAで似ているタイプとしてはBrandon Roy/Manu Ginobiliと書かれています。昨年はOhio St.で19.3得点、5.7リバウンド、5.0アシストという記録を残しています。

身体能力はそれほど爆発的なものがある訳ではありませんが、シュートタッチが非常にスムースなのと、卓越したコートビジョンを持っています。映像の中でもありますが、Pick&Rollでは非常にクレバーな動きをするという評価ですし、速攻の場面でもすぐにボールを前に運び、チームの得点につなげています。このあたりは今のシクサーズにもフィットしていると思います。

シュート能力の高さ、正確さに定評があり、スリーポイントは41.1%を決めています。プロではスリーの距離も長くなりますし、もう少し磨きをかける必要がありそうですが、フォームもキレイですし、問題なく適応できるでしょう。

サイズがありますし、ウィングスパンが6-9あるのでディフェンス面でもそれなりに期待が出来ますが、やはりディフェンスよりもオフェンスに強みがある選手です。これでもう少し身体能力があればスッポンディフェンスも出来るのでしょうが、そうなったら3位に残ってないですね。

この選手とEmbiidあたりがPick&Rollで攻撃し、コーナーが空いていたらRobert Covintonのスリーがさく裂、なんていう場面が来年は結構見られるかも知れません。

いろいろ特徴はありますが、すごくまとめて言うとMCWをもっとシュート力をあげた感じでしょうか。そう考えると非常に楽しみになってきます。




以下のURLの動画はこちらに埋め込み出来ないのですが、いろいろまとまってます。
https://youtu.be/IEgMvIQ4uw8


スポンサーサイト

(76ers)2015年の1巡指名権は3位のみ

NBAドラフトロッタリー抽選は終了し、結果として76ersは1巡指名権は3位のみ獲得となりました。

可能性としてはLakers、Heatのそれぞれ1巡指名権を獲得する可能性がありましたが、それらは来年以降へ持越しとなりそうです。特にLakersの指名権は今年はトップ5以内ならばLakersへ、来年はトップ3に入らなければ76ersに指名権が移る事になります。

来年の1巡指名権を整理すると以下のようになります。

・76ers自身の指名権
・Lakers(Top3プロテクト)
・Heat(トップ10プロテクト)
・Thunder(トップ15プロテクト)

来年は少なくてもLakersの指名は手に入りそうですし、Thunderも選手に怪我がなければプレイオフ争いに入ってくるでしょうから、ここも手に入る可能性は高そうです。

ちなみに、2巡指名権コレクターのSam Hinkieですが、今年の指名権は35位から60位まで5つの指名権を持っています。こちらはトレードするなり、指名してめっけもんを見つける、という運びになりそうです。特に35位、37位あたりの指名権は1巡指名が予想された選手たちが残っているでしょう。

さてさて、1巡3位ということで巷ではもっぱら1,2位はKarl-Anthony Towns、Jahlil Okaforが占める事が予想され、3位ではD'Angelo Russellが76ersに指名されるとの予想が大半を占めています。

2年つづけてNoel、Embiidとビッグマンを獲得し、MCWをトレードで放出したチームの状態からも当然の指名かも知れません。まだ時間がありますから今後いろいろと違う噂も出てくるのでしょうね。

ただ、この1,2位の選手のどちらかが今後ワークアウトなどでACL断裂みたいな事でもあれば3年連続で怪我の選手を指名するかも知れませんね。

Hinkieはチームニーズではなく、ベストな選手を指名する、という教科書通りの受け答えをしていますが、1,2位が充当ならばRusselもしくは昨年1年中国のプロリーグでプレーをしたEmmanuel Mudiayのどちらか、と言われています。Mudiayは年齢的にはRusselと同じですが、アメリカの大学には行かず、中国でプレーを行いました。

Larry BrownやErick Snow, George Lynchなど元76ersの面々がコーチをつとめるSough Methodist Universityへ行くという話もありましたが、結果的にはそちらを蹴って海外を選びました。Larry Brownにコーチをしてもらい、アメリカでプレーしていればもう少し下馬評も高くなったかも知れません。

実際のドラフトは6/25ですからまだあと1か月あります。あまり更新出来ないかも知れませんが、それまでいろいろ妄想してみたいと思います。


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。