フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年シーズン初勝利!

0勝17敗と連敗街道を突き進んでいたシクサーズですが、やっと85-77でTimberwolvesを相手に今シーズン初の勝利を挙げる事が出来ました。

WolvesはRicky Rubio, Kevin Martin, Nikola Pekovicなどが怪我で欠場しており、4勝しかしていない状況を考えれば勝つ確率はある程度あるかと思っていたのですが、全てのチームが格上である今の状況を考えると正直あまり期待はしていませんでした。

さらにこちらもTony Wroten, Alexey Shvedが欠場となり、PGがMCWただ一人という厳しい条件になってしまいました。

試合内容は両チームとも酷いもので、まあこれはどっちもどっちだな、という内容でしたが、今のシクサーズにはなんでもいいからとりあえず勝利をあげることが何よりの薬でしょう。

PGがいなかったおかげでMCWは42分の出場で20得点、9リバウンド、9アシストとまたまたもう少しでトリプルダブルという活躍でした。でも存在感は彼がコートにいる時よりも彼がベンチに下がった時ですかね。

彼がいなかった時は特にオフェンスが全く機能せず、たぶん練習でもやったことのない5人がコートにいたと思うのですが、なるほどPG役の選手がいないとこんなになってしまうのかとある意味新鮮でした。

正確にはわかりませんが、MCWがいない時に点入りましたかね?ターンオーバーやら無理やりなシュートやらそれはそれは見ていられないものでした。

いやーしかしNoelやKJなどのルーキー(Noelは一応2年目ですが)たちにしてみればプロで味わう記念すべきはじめての勝利です。次はKDやWestbrookが復帰したThunderですし、また負け試合が続くかも知れませんが、落ち込むことなく頑張って欲しいものです。


スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。