フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)シーズン終了、次はドラフト

NBAのプレイオフもとうとう始まり、いよいよここからが本番という所ですね。

さて、76ersの方は当然プレイオフなどは関係ないわけですが、こちらはこちらで違う意味でこれからが本番です。昨年のドラフトでJrue Holidayをトレードした時からこのオフの事を考えていたのでしっかりとやって欲しいですね。

運命のドラフトは6月26日に開催です。成績は下から2番目だったので1番を引く可能性は2番目にあり、19.9%です。ドラフトの順番を決める抽選は5月20日に行なわれます。日本時間では月曜日の朝になりますかね。週の頭から緊張モノです。

1位 19.9%
2位 18.8%
3位 17.1%
4位31.9%
5位12.3%

これが抽選で引き当てる確率です。トップ5になるのは確定していますが、いったいどうなることでしょう。なにげに4位が単独では一番確率が高いというのが不気味です。

ちなみに、今年はPelicansのドラフト1巡指名権も持っているのですが、こちらの確率はこんな感じです。

1位1.1%
2位1.3%
3位1.6%
10位87.0%
11位8.9%
12位0.2%
13位0.1%

Pelicansの指名権はトップ5になった場合はシクサーズのものにならない事になっているので、最高で10位というのがシクサーズの順位です。

最悪なシナリオはPelicansがトップ3を引き当て、更にはシクサーズの指名権が5位になる、というのが最悪のシナリオですが、さすがにそんな神様のいたずらはないと信じたいです。

Joel Embiid
Jabari Parker
Andrew Wiggins

という大学1年生トリオが今年のドラフトのトップ3という事は間違いありません。チームはWigginsの指名を考えている、という噂のようで、私もWigginsに来て欲しいと考えているのですが、最悪の場合でもトップ3の誰かは指名出来る3位までには入ってもらわないといけません。

ちなみに、ドラフト指名権で言えば2巡指名権をなんと5つも保有しています。シーズン中のトレード等で獲得しましたが、32位、39位、47位、52位、54位となっており、全てをそのまま指名するとも考えにくく、どう来年以降の指名権や選手のトレードなどでパッケージ化出来るかはGMのSam Hinkieの腕の見せ所でしょう。

シーズンが終了して、オーナーはインタビューで「今シーズンは成功だった」と話しています。いろいろな意味を含んでいるんでしょうが、ドラフトのポジションを固めるという意味では間違いなく成功でした。

今年の戦いぶりでさらに下にBucksがいるというのが驚きなのですが、NBAの連敗記録に並ぶまでの成績でしたし、ありとあらゆるD-Leagureの選手を試す事が出来ました。あとはピンポン球がどう判定してくれるか、今年の成績が報われるのかはあと1ヶ月で決定されることになります。



スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。