フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(Eagles)FA解禁後9人を獲得

NFLではFAとの契約が解禁になり1週間ほど経ちました。チーム再建のイーグルスも解禁と共に多くの選手と契約を行いましたが、その後は契約のニュースもなく今は一段落ついたようです。

James Casey TE 3年14.5ミリオン
最初に契約のニュースにあがったのがCaseyでした。PatriotsのAaron HernandezがTE,やWRとしてオフェンスに参加するのと同じようにCaseyにはFB, TE, そしてレシーバーなどいろいろなポジションに入ってミスマッチをつくるような役割を期待されているようです。Texansでは2009年に5巡でドラフト指名され、09年、10年はほとんど数字は残っていませんが、2011年からスターターとなりその年に18キャッチ260ヤード、そして昨年は34キャッチ330ヤードと確実に数字を伸ばしている28歳です。野球とフットボールをやっていたアスリートで一時期はWhite Sox傘下チームのピッチャーとしてプレーしていた時期もありました。いろいろな形でディフェンスを崩してくれることを期待します。

Isaac Sopoaga NT 3年11ミリオン
330ポンドのNTで過去9年間49ers一筋の選手でした。来季からは4-3から3-4に移行するというわかりやすい選手の契約です。長年スターターを努めて来た選手でそれなりな実績はあるものの、31歳という年齢なので1、2年活躍してくれれば十分というところでしょうか。契約自体も2年目以降はカットされた場合はほとんど支払いが発生しないような契約のようです。ただ大型NTは今のロスターには居ない存在なので貴重であることは間違いありません。

Patrick Chung SS 3年10ミリオン
2009年にPatriotsにドラフト2巡目で指名された選手ですが、その前はChip Kellyと一緒にオレゴン大で活躍していました。2年目の2010年からスターターとなり、3シーズンを過ごしています。昨年は肩、一昨年は足の怪我などで欠場があり、両方の年でスターターとしては8試合の出場にとどまっています。ただまだ25歳と若いですし、怪我さえなければ問題なくKurt Colemanに代わってスターターになってくれるでしょう。

Bradley Fletcher CB 2年5.2ミリオン
2009年の3巡指名でRamsに指名され、2年目にはスターターに昇格しますが、昨年は4試合のみでのスターターとなっています。6−0、200ポンドとそこそこのサイズを持ち合わせており、フィジカルなプレーをする選手ということです。即スターターというほどの選手ではありませんが、26歳と若いですし、チームの競争の中で出て来てくれれば、という感じでしょう。

Cary Williams CB 3年17ミリオン
昨年、一昨年とRavensでスターターを努めた28歳のプレイヤーです。その2年で132タックル、4INTという記録を残しています。6-1とサイズのある選手ですが、Pro Football Focus誌によればNFLのCBの中でも2番目にタックルの上手い選手と評価されています。これまでAsante, DRCというタックルできないCBばかりだったので、そこは改善されそうです。

Kenny Phillips FS 1年契約1.85ミリオン
これまでのFA選手の契約の中でも最も興味深い選手の獲得です。怪我さえなければ今年のFAの中では最大の貢献をしてくれるでしょう。Giantsで5年間プレーし、昨年はMCLの怪我で欠場し7試合の出場にとどまっています。リーグでもトップクラスのSafetyとの評価ですが、いかんせん怪我が多すぎで残念な選手です。昨年のMCLだけでなくそれまでも膝の怪我で度々欠場しています。契約金も安く、問題なく出場できたらラッキーという感じの契約です。

Jason Phillips LB 2年契約
昨年はPanthersでスペシャルチームではチームトップの16タックルを決めています。スターター候補ではないと思われ、今の所はローテーションでディフェンスとして出場するというのも想定されていないスペシャルチーマーとしての契約だと思われます。

Connor Barwin LB 6年契約 36ミリオン
3-4のTexansでパスラッシャーとしてプレーしていた26歳の選手です。2011年にブレイクし、11.5サックを決めますが、昨年はわずか3サックと落ち込んでいます。昨年もプレイタイムは十分でディフェンスの94%のプレーに参加していた不動のスターターでした。昨年はパスカバーに回る事が多かったというのがサック数が減った理由という意見もあるようですがどうなのでしょうね。ただ今年のFAの中では最も大金をつぎ込んでいる選手です。

Arrelious Benn WR(トレード)
この選手はFAではなく、Bucsとのトレードで獲得しました。条件はこちらの今年のドラフト6巡と来年の指名権を出す代わりにBennと今年の7巡指名権をもらうというトレードです。2010年の2巡指名という割には試合では活躍出来ておらず、昨年はわずか4キャッチにとどまっています。まだ今年で4年目になる選手なので今後の成長にも期待ということでしょうか。6-2, 220ポンドとサイズがあり、ゴール前での活躍が期待されます。

これまでこのような9人の選手を獲得しました。うち7名がディフェンスであり、DBがsafety2名、CB2名と完全に入れ替えも出来るような準備を整えています。超ビッグネームはいませんが、そこそこの選手を数多く集めた印象です。あとあるとすればOLの選手あたりでしょうかね。



スポンサーサイト

テーマ:NFL - ジャンル:スポーツ

(76ers)連敗阻止 そしてBynum

ここまで7連敗と今シーズンの中でも雰囲気は最悪でしたが、Warriorsとの地元での戦いは104対97で勝利しました。勝ったのは2/9のBobcats戦以来ということでオールスターもあった関係で実に1か月近く勝っていなかったことになります。試合後は久しぶりということもあってかCollinsをはじめ選手たちの不思議なくらい喜んでいる姿が印象的でした。

しかし1Qは20-31と11点差をつけられ、2Qでもじりじりと離される展開にまさか勝てるとは思いませんでした。相変わらず出場できないBynumだけでなく、Nick Youngも左足首の怪我で欠場しており、Youngの代わりにはRoyal Iveyがスターターとして出場しています。

今日はダメな方で目立ったのはSpencer Hawesでしょうか。試合開始直後の2プレー目で審判に文句を言ってテクニカルファウルを献上するとその後も審判からファウルは貰えないわ、シュートは入らないわ、リバウンドは取れないわ、とないないづくしでした。

結局約20分の出場で0得点(FG0/9)、4リバウンド、そして+/-ではチーム最低の-8となりました。オフェンスではジャンプシュートをひたすら打ち続けることしか出来ず、何の工夫も見られないまま、ベンチを温める事になりました。

試合の流れは常にHawesがベンチに下がってからチームの反撃がはじまる感じで非常にわかりやすいものでした。Hawesに代わってはLavoy Allenが入り、彼自身がすごく活躍したかというと決してそこまでのインパクトは持っていなかったのですが、それでもHawesの時に比べたらオフェンスでもインサイドに入っていく動きがゼロではなくなりましたし、リバウンドもAllen自身が取れなくても相手選手をしっかりボックスアウトすることで他の選手がボールを取る事が出来ました。

控え選手の+/-はAllenが+15、Dorrel Wrightが+19、そしてMoultrieが+10となっています。一時はAllenとMoultrieが一緒にコートに入るという時間帯もありました。体つきで言えば似たような二人ですが、Hawes, Thadの二人にはない重量級のプレーを見せてくれると思うので今後も面白いかも知れません。問題はMoultrieをDoug Collinsが今後も使ってくれるかどうかですね。

しかし今日はなんとか勝った訳ですが、それもこれもスリーポイントが12/18と意外な程に入ったことで助けられましたし、Holidayの8TO、全体で23個というターンオーバーの数を見ても褒められた内容には程遠いと思います。さらにEvan Turnerがあわやトリプルダブルでしたが、これもそんなに続く事はないでしょう。

オフェンスのパターンも実に限られていますし、見ていて楽しく、美しいバスケットボールには全くなっていません。まだ昨年のような「とにかくディフェンスからボールを奪って走るスタイル」など特徴がはっきりしていた方がワクワク感がありました。正直ここぞという困った時にどうしたら良いのか、というのは全く見えていないと思います。

それもこれも今年は絶対的エースを中心に構築したチームだったのである程度は仕方ありません。その絶対的エースのはずだったBynumはとうとう今年一度もプレーしないままシーズンを終える可能性が高くなってきました。今回は右膝に痛みが出てきたようで、手術も選択肢にあるようです。右、左、右と順番に痛めているのですが、先日やっと5対5のチーム練習に参加したと思ったら今度はそれが最後の練習になるかもですね。

もうMax Contractはあり得ないと思いますが、今度の選択肢としてはFAとなるこのオフにオファーを出すかどうかですね。勿論金額によりますが、基本的にはいないものと考えてチーム構成を考えなければならないかも知れません。復帰出来るのはBynumが先か、Greg Odenが先か、くらいの確率なんでしょうか。

一度で良いから絶対的なセンターのいるシクサーズというのを見てみたかったですが、来季以降もそれは叶えられないのかもしれません。


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。