フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(76ers)トレード期限で大きな動きなし

2月のトレードデッドラインはあまり大きな動きはないまま過ぎて行きました。先週あたりはいろいろと噂が立ち上り、最も多かったのはEvan Turnerを放出というのがいろいろなシナリオの中では最も多かったと思います。ただ最終的にはまだBynumの復帰を待って、その上でチームを評価したいということで大手術には踏み切りませんでした。

唯一あった動きというのがWarriorsからCharles Jenkinsというガードの選手をドラフト2巡指名権+現金という条件で獲得しています。まだ2年目の選手で昨年の2巡44位でドラフトされ、今年は6.2分の出場で1.7得点、0.4リバウンド、0.6アシストという記録を残している6-3の選手です。

Warriorsとしては少しでもサラリーを削りたい状況でシクサーズとしてはそれ程欲しかった選手とも思えないのですが、なんで獲得したんでしょうかね。ちなみに今日のHeatとの一方的な展開の試合でもまだ出場はしていません。

今回はBynumのこともあってどう動くのが良いのか判断がつかなかったところもあると思いますが、今回のトレードの噂で名前が出ていたTurnerはやはりこの先長くはないのかも知れませんね。

1巡2位というチームを何年も背負うべき順位で獲得した選手ですが、3年目の今年もたいした成長は見せていません。今年はIguodalaが出て行った事でスターターに定着したために、数字としてはキャリアベストの数字が多いのですが、チームを背負うだけの選手には程遠い状況です。

プレーの問題もたくさんありますが、それと同様に気に入らないのは彼の試合中に見せる態度です。

・自分がボールを持ってシュートに行ってミスした時などはやたらと審判に文句を言い、
・そのお陰でディフェンスに戻るタイミングが遅くなったり、
・自分のパスミスにも関わらずチームメートの動きを批判するようなジェスチャーを見せたり、
・ちょっと自分のシュートが入ると相手選手に生意気な口を聞いたり、

などなどあくまで外から見ているだけなので細かいニュアンスまではわかりませんが、彼のボディランゲージからはあまり良い印象を持った事がありません。

これでオールスターに何年も続けて選ばれるような実力があればまだ我慢も出来るのですが、オールスターなのは彼の頭の中だけですからね。

プレーではやはり身体能力の低さはいかんともしがたいな、と。Doug Collinsが以前バックコートのクイックネスがないことが悩みの一つと言っていましたが、たしかにHolidayも決してクイックネスが売りの選手ではないのでHolidayよりも更に遅いTurnerとのスターターコンビというのはなかなかドリブルで中に入ったりする事が出来ませんし、ディフェンス面でも相手にプレッシャーをかける程には至りません。

いくらTurnerが物足りないといってもこればっかりはこの年のドラフト選手の実力を呪うしかありません。2位の指名権が決定した時点で誰を取るかいろいろと議論を呼びましたが、前年のplayer of the yearのTurnerというのが大方の予想でした。

今振り返れば7位にPistonsのGregg Monroe,10位にPacersのPaul Georgeなどがいるのですが、こればっかりは仕方ないですかね。この時にこの二人のどちらかを指名していたら明らかにボロクソに言われている事でしょう。

Turnerの契約は今季を入れてあと2シーズン、その次の2014/15シーズンは8.7ミリオンのqualifying offerがあればという状況です。まあ今のような働きであれば来季で契約終了となるのではないでしょうか。というよりその前にこのオフあたりにトレードでも成立すれば良いのですけどね。

Turnerのドラフトは昔のShawn Bradleyほどではありませんが、それに続いてドラフト上位指名権でシクサーズが失敗してしまった一つの例になってしまいそうです。

スポンサーサイト

テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

(76ers)明日から後半戦

Jrue Holidayが出場したオールスターのお祭りも終わり、明日から後半戦がはじまります。後半といってもシーズン82試合のうち残りは31試合しかないので巻き返しの時間はあまり残されていません。現在22勝29敗でイースト9位、8位のBucksとは3.5ゲーム差となっています。

今年はとにかくAndrew Bynumのシーズンな訳ですが、もともとこれほどまでに休む事になるとはだれも予想していなかったと思います。つい先日まではオールスター明けには復帰するとも言われていましたし、練習にも復帰していたのですが、つい数日前には「まだ痛みがある」とのことで、いつ戻るのか全くわからない、という振り出しの状態に戻ってしまいました。

時期はわからないものの、本人いわく「今シーズンプレーするのは間違いない」としています。せめてオールスター明けすぐに復帰してくれればプレイオフ出場も見えてくると思っていたのですが、どうやら今年はプレイオフ出場は難しそうですね。。シーズン前はイーストでトップ4チームの一つと言われていたのですが。

Bynumだけでなく、Jason Richardson, Thaddeus Youngというスターター2人も怪我で休むこととなり、特にYoungが欠場してからというもの全くもって勝ち星から見放されてしまいました。

Bynumにしてみれば本人としては来季以降の大型契約をゲットすべく、なんとしても今季中に復帰し、怪我が問題ないことを見せたいところでしょう。なんといっても今年のサラリーが16ミリオンでトレード当初はこのオフには当然のごとくMax Contractになると見られていたので、総額では100ミリオンを超える大型契約になるのは明らかでした。

まだ本人としては超大型契約への望みは捨てていないでしょうが、このままいって3月か4月に復帰して10試合程度出場したとしてとてもじゃありませんが、Max Contractが支払われるとは思いません。というより、支払われない事を願います。

もちろん復帰した時の状態にもよりますが、状態が良ければ良いで「単に休みたかっただけか?」とも思えなくもないですし、状態が悪ければ当然そんな状態の選手に大型契約を結ぶことには疑問が残ります。

Bynumをチーム再建の試金石としたかった訳ですし、Doug Collinsも大いに楽しみにしていたと思いますが、最悪の場合は一度も試合に出ないまま、というより一度も完全な状態で練習にも参加しないままチームを去ってしまう可能性すらありますね。

そう考えればチームのエースと考えた選手がずっといない中でイースト9位というのはそれなりに頑張っているとも言えるのでしょうか??ただまたこのあたりの順位だとドラフトも中途半端な位置ですし、どうも上手いこといきませんね。

Bynumの怪我の具合が本当にどうなのかは知る由もありませんが、チームのメディカルスタッフとしては今季復帰するかどうかという短期的な問題も十分検討しなければなりませんが、それよりも来季以降どうするのかという長期的な観点からの判断が超につくほど重要になりました。

可能であればもう1年7ミリオン程度で契約出来れば良いのですが、そんな契約は代理人側が許さないですかね。


テーマ:NBA - ジャンル:スポーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。