フィラデルフィア 76ers, Eagles 応援日記

大学時代をフィラデルフィアで過ごして以来ファンになったNFLのEagles、NBAの76ersの応援日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jerome McDougle強盗に撃たれる

今年Kaluと共にDEのスターターを争うと思われていたJerome McDougleが
マイアミで強盗に襲われ、拳銃で撃たれたようです。
当初は相当な重傷のように言われていましたが、結果的にはそれほどでも
ないようで、意外と早く復帰できそうです。それにしても胃のあたりを
撃たれたのに臓器には何もダメージがなかったっていうのもどういう
ことなんでしょうね。

犯人は捕まっていないようですが、10代のようです。
なんか私がフィラデルフィアに住んでいる時に強盗に
拳銃を腹に突きつけられた時のことを思い出しちゃいました。
おー怖い。
スポンサーサイト

契約問題

今年のドラフト1巡目で指名したMike Pattersonが契約しました。これで今年のドラフト選手の中ではだいたい半分くらいが契約したことになります。今週末からキャンプですので、いつもドラフト選手をなんとかキャンプ前に契約してキャンプに出席させているイーグルスですので今年も上手くいくことを期待です。

一方、Corey Simonは代理人の発言でキャンプには参加しない、と表明しています。長期契約、それができなければカットしてほしい、ということですが、チームとしてはまだまだカットはしないでしょう。ドラフト時にボルチモアとのトレードが成立したようですが、ボルチモアが提示した金額にSimon側が納得できず、契約できなかったためにトレード不成立となった経緯があります。トレードの見返りとしてはボルチモアのドラフト2巡目と3巡目ということでしたのでイーグルスとしてはSimon抜きでも戦えるよう準備はしていた、ということでしょう。その動きの一因としてPattersonの1巡目指名になったと思われます。

キャンプに途中から参加するかはわかりませんが、イーグルスの今までのベテランとの契約状況を考慮すれば選手側が望むような条件での契約延長というのはほぼ不可能でしょう。となれば何も見返りなくSimonとさよならするよりは、どこかのチームとトレードが成立してくれれば万々歳なのですが、他チームからも足下見られるだろうし、無理っぽいかなあ。

いろいろな人達の進路

デトロイトをクビになったLarry Brownは最終的にKnicksのヘッドコーチになるということで落ち着きそうです。シーズン中からいろいろ言われていましたが、結果的にはIsiahの執念でニックスのHCとなりそうです。シクサーズとは同ディビジョンですので対戦することも多く、またまた見所が増えた感じでしょうか。それにしてもMarburyと上手くやって行けるのでしょうか。彼はある意味A.I.よりも扱いにくいような・・・。

FAではいろいろな選手が噂になっているようですが、いずれにしろフロントコート陣の強化を図るようで、まあ当然といえば当然なのですが、ええーっ!?と思うような人が来ないかなあ・・・。

新しい選手、ではありませんが、今シーズンのシクサーズダンスチームのメンバーが決まったようで。んーなんか強そう。
http://www.nba.com/sixers/dance/index.html

Dalembert再契約

今ひとつ契約がうまく進んでいるように見えなかったSamuel Dalembertですが、
ここへ来て6年契約で合意に達した模様です。契約金については
明らかになっていません。

もともと今のチーム事情から彼が別チームに行くことはなんとしてでも
避けるだろうと思っていましたのである程度安心はしていましたが、
ようやく実現しました。7/25にアトランタに行くと言われていたので
契約はその後かな、と思っていたのですが、提示金額がそれだけ
良かったということなのでしょう。

これで残るは5ミリオンExceptionで誰を契約するかということですが、
噂ではChristian Laettner, Steven Hunter, Antoine Walker,
Dale Davisあたりの名前が出ています。基本的にベンチスタートになる
選手になると思うので、Marc Jacksonとフロントコートを組むと考えれば、
ディフェンシブな選手を獲得した方がチームのバランスとしては良いのでしょう。
そう考えればこの中では私としてはショットブロッカーであり、年齢的にも
まだ若いSteven Hunterあたりが良いと思いますがどうでしょうか?

Antoineはそもそも5ミリオンでは契約が難しいのではとも思います。
まあ例えばマイアミのようなかなり優勝に近いチームであればそれもあるでしょうが。

T.O.キャンプへ

約問題でずっとホールドアウトする、と言っていたTerrell Owensですが、ここへ来て
地元の新聞コラムニストにキャンプ初日にちゃんと行く、と答えています。
私としてはキャンプを10日くらい休みつつ、登場するかなと思っていたので
予想を良い意味で裏切られました。

それにしても代理人Drew RosenhausはNFLを代表する代理人ではありますが、
彼の抱える選手達はホールドアウトが多過ぎますね。T.O.のことでは確かに彼は
昨年大活躍して今の給料では安い方かも知れませんが、それでもじゃあ契約時の
複数年での契約はなんだったのかと。

Corey Simonのような今年で契約が切れる選手が契約延長を求めて
ホールドアウトするのならまだわかるのですが、長期契約の1年終了時で
給料上げろ、は普通の考えではちょっと虫が良すぎるような気がします。
それならいっそ一昔前の日本のプロ野球のように1年1年の契約でも良いのでは!?

Korver, Greenと契約

RFAだったKyle Korver, Willie Greenの2人と契約延長で合意したようです。
契約年数は2人とも6年契約でKorverが25ミリオン、Greenが
20ミリオンだそうです。サインボーナスも含めての金額でしょうから
単純に年で割れば年間3ミリオンくらいの契約なのでしょう。

2人とも来シーズンはスターターではない可能性が高いと
私は思っていますが、ある程度計算できる2人を長期間保有できることは
デプスの意味では大きいでしょう。それにしてもガード陣はIverson,
Green, Mckie, Salmons, Ollieというメンツですが、(AndreはSFと
したとして)Iverson以外では大きな期待ができそうもない所がつらい
ですね。Greenが最も得点力では期待ができますが、やはり6-2の身長では
ディフェンス面に不安が残ります。Salmonsはディフェンスは良いと
思いますが、得点、特にフィニッシュの点ではまだまだだと思います。
いっそA.I.をSGに戻して、SalmonsをPGにするという手もあるかも。

Mckieは今年あたりカットされる可能性もありますね。サラリーが約6ミリオン
ですので、キャップオーバーのシクサーズとしてはちょうど彼の
年俸分の贅沢税(?)が節約できるはず。個人的には大学も一緒だし、
性格も良く、必要な選手だとは思いますが、いかんせん昨年のプレーぶりを
見ているともう限界かな、と思ってしまいます。

Sammy

なかなか契約のまとまらないSamuel Dalembertですが、両者の溝は
結構深いらしく、代理人も苛立っているようです。
7/25にはアトランタに行き、Hawksのチームメンバーと
会うといったことも言われています。

しかし、GMのBilly Kingはいかなるオファーに対しても
マッチする、とコメントしており、現状ではなるべく安く
再契約したいチーム側と、そうは行くか、と他チームに売り込みを
する選手側の綱引きが行われている模様です。

しかし、Samが必要なのは明白であり、何があっても再契約に
こぎつけられるよう最終的には良い金額でオファーを出すものと
思われます。今年キャップが余っているホークスは契約金つり上げの
ために使われているような印象もあり、先日もEddy Curryが
チームを訪問しています。まあシクサーズもSamがいなくなったら
チーム崩壊ですのでなんとしても契約にこぎつけるでしょう。

また、デトロイトのLarry Brownがとうとうチームを離れることに
なりそうですね。なんでもチームとしては健康面を心配しているようで、
1年間チームを離れずにコーチできること、を条件としているようで
その点を懸念し、実績では文句のないBrownと別れることになりそうです。
でもすぐにKnicksのコーチになるかどうかは不明で、1年は他のチームの
コーチにはならない、との条件で契約をBuy Outする見込みです。
ちなみに後任の最有力候補はFlip Saundersだとか。

FAその後

Kwame BrownはLakersにサイン&トレードで行くようですね。
相手はCaron Butler, Chucky Atkinsの二人のようです。
まあKwameはまだ若いですし、シクサーズが払える給料ではないでしょうから仕方のない所です。

ちなみにほとんどニュースのないシクサーズですが、IndianaのDale Davisに興味があるとか。
約5millionのMid Level Exceptionを使っての契約になるのでしょうが、シーズン中に37歳に
なる彼ですのでどこまで期待できるでしょうか。

昨年最初はG.S.で平均16分の出場で3.1点、4.3リバウンドという平均成績でした。
Indianaに移ってからはスターターとなり、平均29分のプレイタイムで6.9点、8.9リバウンドとなっています。Davisと言えばインサイドでのしぶとい働き、ディフェンス、リバウンドが強みでしたので現状のシクサーズにはないタイプの選手であるのは確かです。数年前まではGeorge Lynch, Tyrone Hillあたりがこのような役目だったかと思います。

Davisで心配なのは年齢でしょうか。Sammy以外のWebber, Jacksonの二人のフロントコート陣は結構な年齢なので高齢トリオ3人のうち1人が怪我をすると一気にローテーションが手薄になる可能性があります。まあ高齢と言ってもJacksonはまだ30歳(シーズン中に31)ではありますが、彼の場合は怪我が非常に多く、昨年のようにほぼ全試合出場というのは過去5年で77試合に出場した02-03年シーズンだけです。

それほど積極的に獲得に動くとも思えませんが、もし獲得したとしたら、うーんビミョーって感じですね。

FAマーケット

巷では今年のFA選手の動向のニュースがいろいろと話題になっています。
しかしシクサーズは今年は動きと言えばDalembert, Korver, Greenの3人に
オファーを出してRFAにして3人ともキープしようとしているくらいしか動きが見えません。

戦力という意味では昨年とほとんど変わらず、といった所です。
昨年のJim O'Brienの時は戦術的に問題ありだと思っていたのでコーチが
Mo Cheeksになったことで変わってくれれば良いのですが、どうなるでしょう。
昨年は本当にIversonが一人で試合をしているという感じで、記録上は
アシストを多く記録していても24秒の多くをIversonがボールを持っており、
Webberがちょっと可哀想でした。ただし、個人的にも待望のCheeksコーチになったわけで、
その点では大いに期待したいと思います。

戦力としては大物FA選手の多くが行き先となるチームを決めており、シクサーズが
噂の域でもあまり出てきません。先日の全く信憑性のない噂があったことはありましたが。
サラリーキャップオーバーのチームですので現状ではMid Level Exceptionしかオファーできない
現状ですが、C, PFあたりのポジションで良い選手を獲得したい所です。
個人的にはKnicksが目を付けていると言われるStromile Swiftやちょっとギャンブルですが
Kwame Brownあたりはまだ若いし狙ってみる価値はあるかも、と思います。

トレードの噂

噂ですが、Samuel Dalembert, Aaron McKie, Jamal Mashburn,
Kevin OllieとKnicksのStephon Marbury, Tim Thomasとの
トレードの噂があるようですね。KnicksのGMである
Isiah Thomasは噂を真っ向から否定しています。

ただし、SixesとしてはDalemertを出してしまったら誰が
センターやるの?という状態ですのでこのトレードはないでしょう。
Billy Kingも再三今年のRFAである3人と再契約すると言い続けています。

IversonとMarburyのバックコートでは5年くらい前のオールスターを
思い出しますね。ウエストが圧倒的に強いと言われていましたが、
イーストが後半追い上げ、最後はMarburyの逆転シュートが
決まったというのをまだ鮮明に覚えています。

それにしてもA.I.とMarburyのバックコートだったら更に
チビッコチームですね。それで控えにWillie Greenって小さすぎでしょ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。